チャレンジ! Rio paralympics

フォローする

好奇心 強さの源泉 パラ競泳(視覚障害)木村敬一
体で知る成果に夢中

(1/2ページ)
2016/8/29 3:30
保存
共有
印刷
その他

7月17日、横浜国際プールで行われたジャパンパラ水泳で、最も客席を沸かせたのが木村敬一(東京ガス)だった。ただし「快泳」ではなく、「怪泳」によって。

男子100メートル平泳ぎで今季世界ランク2位の木村が3レーンで飛び込み浮き上がると、左隣の4レーンに入ってしまった。コーチが懸命に「右、右」と叫ぶが、これをターン後の方向の指示だと勘違い、折り返しでさらに隣の5レーンに。

木村は全盲のスイマーだ。ほとんど視力がない視覚障害者が競う「11」というクラスで戦う。リオデジャネイロ・パラリンピックを控えた最後の試合での2度の脱線による失格にも、「そういうこともありますわ」とみじんも暗さを感じさせない笑顔でコメントした。水泳を心の底から楽しむ心根が伝わってくる。

木村はリオで金メダル獲得を目指す

木村はリオで金メダル獲得を目指す

1歳半で失明、小学4年で水泳を始めた。「障害を持つ仲間の中で、自分はこういうことができるというものに出合えてうれしかった」。上京して筑波大学付属視覚特別支援学校中学部に入り、現日本代表コーチで同校水泳部を創設した寺西真人に入部を誘われた。

寺西は防火水槽を改造した12メートルプールで生徒を指導、多くのパラリンピアンを育てた名伯楽だ。今回、ターンやゴールのタイミングを、木村の頭などを特殊な棒でたたいて知らせるタッパーという役割も担う。

高3で初めて臨んだ北京パラを木村は「よくわからないまま、気がついたら終わっていた」ものの、すべての種目で自己ベスト。悔しさはなかった。ロンドン大会では「どうしてもメダルをという思いで乗り込んで」100メートル平泳ぎで銀、100メートルバタフライで銅。

そして今回のリオは当然のように「金メダル獲得を目指す」。100メートルバタフライでは今季世界ランク1位、50メートルと100メートル自由形、200メートル個人メドレーでも3位以内に入っており、周囲の期待は高まる。

現在、木村を指導するコーチの野口智博は、全盲ゆえにコースロープにぶつかって減速する泳ぎは仕方なしとして、ならばロスする分も含めたエネルギーをためられるようにと、肉体改造を命じた。1日5食。ロンドン大会時に63キロだった体重は70キロ弱に。上半身のたくましさは見違えるほど。本人も「高強度のトレーニングをこなせている」と手応えを語る。

  • 1
  • 2
  • 次へ
保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

チャレンジ! Rio paralympics 一覧

フォローする
佐藤は「僕自身もレベルがあがっているので、これをリオで出すだけ」と語る

 チケットは完売、客席は満員と、過去最大の盛り上がりを見せた4年前のロンドン・パラリンピックが人生を変えた選手は多い。パラ陸上車いす部門で期待の若手、佐藤友祈(ともき、WORLD―AC)もその一人だ。 …続き (2016/9/5)

鈴木は金メダルをとった北京大会の予選で世界記録をマーク。パワフルな泳ぎが持ち味

 パラリンピックの創設者、ルードウィヒ・グットマン博士の「失ったものを数えるな。残されたものを最大限に生かせ」との精神を、見事に体現しているアスリートだ。
 パラ競泳の鈴木孝幸(ゴールドウイン)。肢体不 …続き (2016/9/4)

昨年のロード世界選手権のロードレース覇者の藤田はトラックとの二兎を追う

 自転車の藤田征樹(日立建機)にとって3回目となる今回のパラリンピックは、初めて世界チャンピオンとして臨む大会になる。
 昨年、スイスで開かれたロード世界選手権のロードレースで優勝。覇者だけが許されるジ …続き (2016/9/3)

ハイライト・スポーツ

[PR]