日本サッカー世界への挑戦

フォローする

日本代表よ、泥臭く戦え サッカーW杯最終予選
サッカージャーナリスト 大住良之

(2/2ページ)
2016/8/27 6:30
保存
共有
印刷
その他

ただ、UAEはラフプレーが多く、2次予選の8試合で計13枚ものイエローカードを出されている(日本は4枚)。その結果、オマル・アブドゥルラフマンをはじめ4選手がそれぞれ1回の出場停止処分を受けた。

日本としては、厳しい守備で相手に自由を与えず、いら立たせて自滅させるようにもっていきたい。

大島(中央)もリオ五輪出場組。死に物狂いの相手にひるまぬ戦いを=共同

大島(中央)もリオ五輪出場組。死に物狂いの相手にひるまぬ戦いを=共同

「過去のイメージ」通じぬタイ

第2戦、バンコクで戦うタイ戦は、ホームでのUAE戦以上に難しい1戦だ。

日本はこのところアウェーを含めタイにほとんど負けたことがないが、ここ数年のタイサッカーの変貌ぶりはそうした「過去のイメージ」をひきずってはいけないことを物語っている。

「技術は高いが、チームプレーのレベルは低く、体も小さい」というイメージだったタイ。だが現在はまず体の大きな選手がそろい、フィジカルが格段に強くなった。そしてスピードのある選手もそろった。エースのFWティーラシル(2次予選6試合で3得点)がまさにその象徴で、高いテクニックとともにスピードと強いフィジカルを誇り、シュート力もある。左サイドバックのティーラトン(同2得点)のスピードとクロス、さらに強烈なFKも警戒しなければならない。

何より、近年のタイはチームプレーのレベルが格段に上がり、ホームでは熱狂的なサポートに押されてアグレッシブな試合を見せ、相手ゴールに襲いかかる。2次予選でイラクに2戦2分け(2試合とも2-2)という結果だけでも、警戒しなければならない相手であることがわかるだろう。なおタイは9月1日の初戦をアウェーのリヤドでサウジアラビアと戦う。

日本代表のバヒド・ハリルホジッチ監督は8月25日に24人のメンバーを発表。8月のリオ五輪代表からMF大島僚太、FW浅野拓磨の2人がはいった。

だが、日本代表の中核をなす「欧州組」はシーズンにはいったばかりで、まだトップフォームにあるとはいえない。しかも何人もの選手が所属クラブでのポジション争いのなかで試合出場時間を確保できていない。6月のキリンカップではブルガリアから7点を奪う攻撃のスピードを見せた日本だったが、そのときのような切れ味のある試合を期待するのは難しいだろう。

アウクスブルクの宇佐美。欧州組はシーズンに入ったばかりだ=共同

アウクスブルクの宇佐美。欧州組はシーズンに入ったばかりだ=共同

5試合未勝利だった97年と同じ厳しさ?

日本は1998年フランス大会で初めて予選を突破、自国開催だった2002年大会を経て、06年大会、10年大会、そして14年大会と、危なげなく予選を戦い、出場権を獲得してきた。過去3大会は、いずれも「世界最速」での予選突破決定というおまけまでついた。

今回も、「予選突破は間違いない。問題はロシアで上位に行けるかどうかだ」と多くの人が考えているだろう。ハリルホジッチ監督自身、目標を「ワールドカップ上位進出」に置いている。

だがワールドカップ出場は、欧州のトップリーグに所属する選手が何人もいるという「ブランド」に対し無条件で与えられるものではない。死に物狂いの相手にひるまず、「きれいにサッカーをして勝つ」のではなく、泥臭くても最後まで集中を切らさずに戦い抜く覚悟が必要だ。その戦いは途中で逃げ出したくなるような厳しいものかもしれない。

私は、今回は、5試合未勝利が続いて苦しみにのたうち回った1997年のアジア最終予選以来の厳しいものになるのではないかと予想している。もしかすると、来年11月、北中米カリブ海とのプレーオフまで戦わなければならないかもしれない。

もちろん、「開幕連勝」で、その後も余裕をもって進められればそれにこしたことはない。しかしなかなか勝利がつかめなくてもあきらめてはいけない。チームの一体感を崩さずに最後まで戦い抜かなければならない。

もういちど言う。

ワールドカップ出場は与えられるものではない。自ら戦って勝ち取るものだ。

「スポーツ」のツイッターアカウントを開設しました。

日本サッカー世界への挑戦をMyニュースでまとめ読み
フォローする

  • 前へ
  • 1
  • 2
保存
共有
印刷
その他

サッカーコラム

電子版トップスポーツトップ

日本サッカー世界への挑戦 一覧

フォローする
2月に行われたACLの水原戦で勝利し、サポーターの歓声に応える神戸・イニエスタ(手前右から2人目)ら=共同共同

 3月上旬にストップしたままだったサッカーのアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)東地区の試合が、11月にカタールのドーハで再開する。グループステージの残り37試合とともに、ノックアウトステージ(すべ …続き (10/29)

オランダで国際親善試合を行った日本代表の活動再開は大成功だったといえる=ロイターロイター

 オランダのユトレヒトを舞台に、9日のカメルーン戦、13日のコートジボワール戦の2試合を戦ったサッカー日本代表の「活動再開」は大成功だったと思う。
 試合結果は1勝1分け。カメルーンと0-0で引き分けた …続き (10/15)

10月のアフリカ勢との親善試合では久保(左)が最大の注目となる=共同共同

 実質的に11カ月ぶりとなる活動。森保一監督率いるサッカーの日本代表は、10月9日にカメルーンと、そして13日にコートジボワールと親善試合を行う。場所はいずれもオランダのユトレヒト。無観客での開催とな …続き (10/3)

ハイライト・スポーツ

[PR]