/

この記事は会員限定です

アジア市場、即席麺メーカーの挑戦

[有料会員限定]

アジアで即席麺の市場拡大に急ブレーキがかかっている。ファストフードや屋台の料理など新旧あらゆるタイプの食品や業態が入り乱れるなかで、即席麺は衰退していくのか。メーカー各社はあの手この手で需要の開拓を急いでいる。

世界ラーメン協会によると、2015年のアジア(19カ国・地域)の即席麺需要は前年比で7%減の822億食。2年連続の前年割れとなった。人口増加と経済成長が続く中国やインドネシア、ベトナムも2...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り583文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン