/

高コストで不衛生 欧州から姿を消す現金

The Economist

北欧でキャッシュレス決済が進んでいる。スウェーデンでは5回に4回がクレジットカード決済などのキャッシュレスだ。一方、ドイツなどでは現金決済が根強く残る。秘密警察による追跡への負の記憶などが背景にある。だが今後の主流はキャッシュレスだ。コストは低いし、衛生面でも優れている。

「現金で払うなんて観光客だけだわ」。スウェーデンの首都ストックホルムのコーヒー店「エスプレッソハウス」で働く若いバリスタはこう語る。彼女はカード読み取り機を指しつつ、あきれ顔でこう続けた。「私たちがもう現金なんて使っていないことを、観光客は分かってないのよ」

地元の人々が使う非接触型決済の方がはるかに処理が速い。観光客がATMから下ろしたばかりの高額紙幣で支払いをすると彼女は釣り銭不足に困ることになる。

スウェーデン人はめったに現金を使わない。2000年以降、カードでの支払いは10倍に拡大した。今では、現金による決済は5回に1回、金額にして5~7%にすぎない。

北欧地域全体でも状況は似たり寄ったりだ。店先に「現金お断り」の表示を掲げる店舗が増えている。

キャッシュレス決済は北高南低

一方、南欧や東欧に行くと事情は異なる。イタリアでは今でも支払いの83%が依然として現金だ。米ボストンコンサルティンググループによれば、ノルウェーにおける昨年の電子決済の件数は1人当たり456回。これに対して、イタリアではたった67回、ルーマニアに至っては17回にとどまった。

とりわけ意外なのは、ドイツ人が「現金」なしで済ますことに消極的なことだ。ドイツ人による支払いの4分の3超が依然として現金による。さらに「現金のみ」という表示をあちこちで目にする。

国が豊かになるにつれて現金離れが進む傾向がある。セキュリティー上の配慮や簡便さに加えて、コストがその理由だ。

消費者は現金にはコストがかからないと思うかもしれないが、銀行や小売店にとってはそうではない。現金は数えたり、まとめたり、運んだりする必要がある。汚れを落とし、時には交換する必要がある。さらに、偽造がないか監視し、保管して、窃盗にも備えなければならない。国内総生産(GDP)の0.5~1%前後に当たる金額が現金の管理に毎年費やされているのだ。

エコノミストのケネス・ロゴフ氏は新著『The Curse of Cash』の中で、現金は豊かな国において脱税などの不法行為を助長していると主張している。加えて、金融政策はキャッシュレスな世界の方がより効果が上がるだろうともいう。だが欧州諸国の一部は、紙幣や硬貨を捨てるのに極めて消極的だ。

ベネルクス3国や北欧諸国では、銀行が早くから電子決済への移行を進めてきた。カードの利便性を高めて顧客が使いやすくするとともに、使用コストを引き下げてきた。

1人当たりのカードによる決済数(電子マネーのカードによる決済を除く)。北欧とドイツでは大きな差がある 出所:The Economist/European Central Bank

スウェーデンやノルウェーなど人口密度の低い国では、大規模な店舗網やATM網を維持するのは割高につく。スウェーデン最大のリテール銀行、スウェドバンクの場合、現金を取り扱う支店は8店舗しかない。

銀行はまた、モバイル決済技術の開発を後押ししてきた。デンマークの「モバイルペイ」はその一つ。今やデンマークで使われているスマートフォン10台のうち9台で、モバイルペイのアプリが稼働している。

これに対して、ドイツや南欧・東欧諸国の多くでは、銀行はキャッシュレス化にさほど前向きではない。ドイツの銀行では、電子決済やカード決済への移行が遅れている。

イタリアでは銀行カードを持っている人が比較的少ない。その利用頻度も低い。デビットカード1枚当たりの年間決済件数は25回で、フランスの114回をはるかに下回る。これは、イタリアの銀行が高い手数料を課しているため、商店がカードの使用を嫌がっているのが一因だ。

国による差をなくすため、欧州連合(EU)の欧州委員会は2015年12月、カード決済の手数料に上限を設けた。デビットカード決済については0.2%、クレジットカード決済の 場合は0.3%だ。

お金に触った手でパンに触るな

オランダのベーカリーチェーン、ブラームス・ブルードヒュイスのオーナー、ディミトリ・ロエスさんは、セキュリティーと衛生を考慮して、キャッシュレス化を決断したと言う。「パン屋は泥棒の格好のターゲットになる。たった数百ユーロのためにナイフで刺される」

顧客の側も、硬貨を扱った手で店員がクロワッサンに触るのはやめてほしいと思っていた。

パン屋が現金の取り扱いをやめた時、怒った客がカウンター越しに硬貨を投げ入れたこともあった。だが90%以上の客は特に抵抗を示さなかった。

文化も一定の役割を果たしている。デジタル技術になじんでいる北欧の人々は、食料品を買ってスマートフォンで支払うことに抵抗を感じないかもしれない。

だがドイツ人はモバイル決済に不信感を抱いている。その背景には、データを追跡されることに対する根深い嫌悪がある。旧東ドイツの秘密警察シュタージが残した傷だ。最近実施された調査によれば、ドイツ人の5人に2人は、データセキュリティーに懸念を抱き、モバイル決済を使用していない(10人のうち9人近くがセキュリティーを憂慮していた)。

ドイツの財務相が先ごろ現金による支払いの上限額を5000ユーロ(約56万5000円)にすると提案した際(これは他の一部の国と同様の措置だ)、同国の日刊紙「ビルト」は読者の先頭に立って抗議活動を展開した。

イタリア人も同様だ。現金による支払いの上限額を1000ユーロ(約11万3000円)とする規制が2011年に導入された時、怒りをあらわにした。マッテオ・レンツィ首相は2015年、この上限額を3000ユーロ(約34万円)に引き上げた。

前出のロゴフ氏は「イタリアやギリシャなどの国は統治能力が弱く、それゆえ脱税やその他の犯罪率が高い。これが高額の現金を保有する誘因となっている」と考えている。給与の一部を封筒に詰めて現金で支払う習慣の根は深いところにあるのだ。

キャッシュレス決済の進展はこのようにはかどらない面もある。それでも、店頭でのカード使用が1人当たり年間100回に達すると、人々はキャッシュレスでも大丈夫なことに気付くという。米コンサルティング会社、A.T.カーニーのアンドレアス・プラッツ氏の弁だ。

決済コストは現金の方が高い

現金決済の比率が低下するのに伴い、現金決済に伴う全体のコストは増大する。オランダのリサーチ会社パンテイアの推定によれば、同国では現金決済の平均コストが2009年から2014年の間に0.22ユーロ(約24.9円)から0.25ユーロ(約28.3円)に増加した。逆に、カード決済1回当たりのコストは0.21ユーロ(約23.7円)から0.19ユーロ(約21.5円)に低下した。

もちろん、キャッシュレス決済へのシフトはマイナス面も伴う。カード読み取り機を設置するにはお金がかかる。貧しい人たちにも参加してもらわなければならない。彼らは往々にして銀行口座を持っていない。口座を開設することで匿名性を失うと彼らが懸念するのには一理ある。決済システムに障害が生じた時に現金が必要となるのは言うまでもない。

とはいえ、商取引がキャッシュレスになることがもたらすメリットはますます明白になっている。

ストックホルムに目を戻そう。あるホテルで、2人の高齢の米国人が口論している。タクシーに乗るためにどちらが「現地の通貨」に両替するかでもめているのだ。本当は、そんなけんかなど無用だ。ストックホルムのタクシーは、カードでの支払いを喜ぶ。この地では、タクシー料金を現金で払う客はたった7%にすぎない。

(c)2016 The Economist Newspaper Limited. Aug 13-19th 2016 All rights reserved.

英エコノミスト誌の記事は、日経ビジネスがライセンス契約に基づき翻訳したものです。英語の原文記事はwww.economist.comで読むことができます。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン