株式市場は「隷属への道」を歩む 編集委員 小平龍四郎

(1/2ページ)
2016/8/28 3:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

今、株式市場で最も注目されている投資家は、外国人でも個人でもありません。1年間に上場投資信託(ETF)を6兆円購入すると宣言した日銀です。中央銀行が株式市場にこれほど直接、手を突っ込む例は世界的にごくまれです。経済の国家管理に警鐘を鳴らしたハイエクの書ではありませんが、日銀頼みが強まる株式市場を見ていると「隷属への道」という言葉が脳裏をよぎります。

株式相場の報道で「日銀」や「ETF」といった言…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]