/

この記事は会員限定です

IoTで土砂災害を事前に察知 人を救うIT

[有料会員限定]

ヤフーなどIT(情報技術)各社が、ビッグデータ分析など最新技術を使った災害支援サービスを展開している。ヤフーは4月の熊本地震のときの人の動きのデータを分析し、政府や自治体が指定する避難所以外に人が集まっている場所を特定する技術を開発した。NEC日本ユニシスもあらゆるモノがネットにつながる「IoT」技術を応用したサービスを開発している。

スマホで人の動きを収集

2011年の東日本大震災では短文投稿サイト「ツイッター」が被災者の連絡手段とし...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1412文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン