冷却シート様のセンサーを額に貼って睡眠の質を計測

2016/8/19 23:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

大阪大学産業科学研究所教授の関谷毅氏らを中心とする医脳理工連携プロジェクトチームは2016年8月17日、パッチ式の脳波センサーで睡眠中の脳波を計測することに成功したと発表した。

開発したパッチ式脳波センサーは、手のひらサイズ。額に冷却シートを貼るような感覚で装着でき、脳の状態をリアルタイムに可視化できるのが特徴だ。今回、大阪大学大学院連合小児発達学研究科教授の谷池雅子氏、および大阪大学大学院歯学…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]