/

この記事は会員限定です

大戸屋HD、第三者委に託す内紛解決

証券部 松井聡

[有料会員限定]

それはテレビのサスペンスドラマかと見まごう光景だったという。昨年9月のこと。定食チェーンを運営する大戸屋ホールディングスの三鷹市の本社に遺骨を抱えた女性が訪れ、社長の退陣を迫ったのだ。

女性は大戸屋HDの実質的創業者で昨年7月に57歳の若さで急逝した三森久実前会長の夫人、三枝子氏。久実氏の従兄弟で現社長の窪田健一氏ら経営陣にノーを突きつけ、息子の三森智仁氏(当時26歳)に社長の座を渡すよう主張したのだ。智仁氏と合わせて...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1531文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン