/

この記事は会員限定です

文化シヤッター、ゲリラ豪雨は干天の慈雨

証券部 鶴藤理沙

[有料会員限定]

きょうもまた日本のどこかを「ゲリラ豪雨」が襲うかもしれない。正式な気象用語ではないが、発生の予測が困難な局所的な集中豪雨を指す。シャッター業界2位、文化シヤッターがこの比較的新しい環境変化に対応した製品を収益源に育てようとしている。利益水準を引き上げ、業界首位を追撃するための"干天の慈雨"になるのだろうか。

近年、猛威を振るうゲリラ豪雨。気象庁によると、1時間に50ミリメートルを超える大雨は最近30年で1.4倍...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1076文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン