フォローする

「ヒコーキ」は、世の中をよくできるか。

 日本経済新聞社は、読者や企業の皆さんと一緒に日本の課題について考え、議論する「未来面」をスタートしました。今期のテーマは「革新力」。革新的なアイデアをお寄せください。経営者が選んだ優れたアイデアは新聞紙面や日経電子版で紹介します。アイデアの投稿はこちらまで。

「30年後の世界で役に立つヒコーキを教えてください」 片野坂真哉・ANAホールディングス社長 経営者編第10回(9月5日)

2016/9/5 3:30
保存
共有
印刷
その他

今年はANAが国際線に就航してからちょうど30年になります。路線網は世界41都市に広がり、旅客数も日本一となりました。2020年には東京五輪を控え、訪日客が急増する見通しです。次の30年後にもお客様に満足していただくためには、我々も新たなチャレンジが必要だと思っています。

■機内と空港、楽しんでほしい

ANAの前身は戦後誕生した日本ヘリコプター輸送という会社です。コード名の「NH」や、レオナルド・…

未来面 革新力をMyニュースでまとめ読み
フォローする

保存
共有
印刷
その他

永瀬昭幸・ナガセ社長 東進ハイスクール理事長編

東原敏昭・日立製作所社長兼CEO編

国分文也・丸紅社長編

高橋広行・JTB社長編

山内雅喜・ヤマトホールディングス社長編

尾堂真一・日本特殊陶業社長編

柄沢康喜・三井住友海上火災保険社長編

大野直竹・大和ハウス工業社長編

越智仁・三菱ケミカルホールディングス社長編

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ

電子版トップ連載トップ