日経サイエンス

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

ゲームに意外な効能 脳の「認知力」アップ

2016/8/27 3:30
共有
保存
印刷
その他

日経サイエンス

 話題の「ポケモンGO」をはじめ、非常に多くの人がスマートフォンやお茶の間のテレビでゲームを楽しんでいる。近年の研究によるとビデオゲーム、中でも展開が速いアクションゲーム(襲いかかってくるゾンビやエイリアン、モンスターなどと闘うゲームが典型例)には脳の働きを高める効果があることがわかってきた。

■脳トレより効果的

ビデオゲームに脳の働きを高める効果があることがわかってきた(C)Jude Buffum
画像の拡大

ビデオゲームに脳の働きを高める効果があることがわかってきた(C)Jude Buffum

 注意力や迅速な情報処理、課題の切り替えの柔軟性、頭の中で物体の回転を思い描く力など、様々な認知機能の向上が厳密な心理テストで実証されている。一例はスイスのジュネーブ大学などの研究グループが行った次のような実験だ。

 被験者としてビデオゲームをめったにしない人を集め、認知能力の事前テストを行った後、無作為に2つのグループに分ける。一方のグループはアクションゲームを、対照グループはソーシャルゲーム(プレーヤー間の交流を必要とするゲーム)などアクションゲーム以外のゲームをしてもらう。両グループは数週間にわたって1日1時間、週5日間ゲームをプレイする。このトレーニングの数日後に最初と同じ心理テストをすると、アクションゲームで鍛えたグループの方が対照グループよりも認知力の向上が常に大きくなった。

 アクションゲームの効果を示す証拠は脳画像からも得られている。アクションゲームをよくする人はしない人に比べて、大脳皮質の各所にある注意を制御する脳領域の活性がより大きく変化する。注意の維持に関与する背外側前頭前皮質や、異なる標的の間で焦点を切り替える頭頂皮質、そして自分自身の行動を監視している帯状皮質などだ。

選手たちのレベルの高いプレーを見守る観客
画像の拡大

選手たちのレベルの高いプレーを見守る観客

 またある研究によると、腹腔(ふくくう)鏡手術を手がける医師がビデオゲーム好きのゲーマーである場合、十分な正確さを保ちながら短時間で手術を終えていることがわかった。ゲーマーの外科医はただ手早いだけではなく、仕事の効率もいいようだ。

 アクションゲームが攻撃性を助長したりゲーム依存を招いたりする懸念はあるが、認知機能に悪影響が出ることを裏付けた研究結果はない。むしろ一部のビデオゲームが認知能力をどのように高めるかがわかってきたので、脳損傷や認知障害のある人向けの非暴力的なゲームの開発が米国などで始まっている。こうしたゲームは実際、テレビやウェブで認知能力を高めるとして売り出されている“脳トレ”ゲームよりも効果が高いようだ。

(詳細は25日発売の日経サイエンス2016年10月号に掲載)


人気記事をまとめてチェック

「テクノロジー」の週刊メールマガジン無料配信中
「テクノロジー」のツイッターアカウントを開設しました。

日経サイエンスをMyニュースでまとめ読み
フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップテクノロジートップ

日経サイエンス


【PR】

日経サイエンス 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

FOREAL

「過去」を変える実験 見えてきた記憶のメカニズム

 突然丸い部屋に入れられ、両足にビリッと電撃を食らった。それ以来、そこは恐怖の場所になった。だが、実はそれは本物の記憶ではなく、作られたフェイクの記憶だった──。そんなSF映画さながらの記憶の操作が可…続き (9/30)

完成したプルシアンブルーで描いた「ルリハタ」の図

「若冲の青」を再現 18世紀の製法、豚レバーから

 自然界の動植物を緻密な表現で描き出した江戸時代の絵師、伊藤若冲は、当時日本に入ってきた西洋の新しい顔料「プルシアンブルー」を、いち早く日本の絵画に用いたことでも知られる。代表作「動植綵絵(さいえ)」…続き (9/8)

東日本の海底地形図。下北半島沖から房総半島沖まで南北に走る濃い青色の場所が日本海溝。画像提供は海洋台帳(海上保安庁)

海上保安庁

日本列島誕生の謎に新理論「日本海溝移動説」

 東日本大震災をもたらしたマグニチュード9の東北地方太平洋沖地震は日本海溝付近で起き、周辺の深海底や東日本の太平洋沿岸域が変動した。ただ、長い時間スケールでみれば日本海溝そのものは不動の存在だと多くの…続き (8/26)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

TechIn ピックアップ

10月23日(月)

  • テクノロジー企業の成長率ランキング2017~1位は売上高成長率1,252%のココナラ【トーマツ調査】
  • 「プライヴァシーの死」とGDPR:メディア美学者・武邑光裕による新連載「GDPR:データとインターネット〜EUが描く未来」
  • Face IDは今後の生体認証スタンダードになるか?

日経産業新聞 ピックアップ2017年10月23日付

2017年10月23日付

・ウェザーマップ、PM2.5や紅葉も観測、ひまわり8号画像を4倍に解析
・ソースネクスト、語学ビジネスを拡大 小型の通訳機器発売
・名大、未成長iPS簡単排除 高濃度アミノ酸培地で
・店長の快眠お助け ニューロスペースが吉野家と実験
・リケン、高周波ノイズをシートで抑制 車載電子機器向け…続き

[PR]

関連媒体サイト