/

この記事は会員限定です

アベノミクス生みの親が次に狙う改革の標的

[有料会員限定]

アベノミクスの生みの親、山本幸三行政改革相の発言が波紋を呼んでいる。就任早々の4日の記者会見で、政府統計について「各省でまったく調整が取れていない。その結果、日本の国内総生産(GDP)統計はどこまで信用していいのか分からない状況だ」と述べ、経済統計の整理・統合に乗り出す考えを表明した。

内閣府vs日銀論争に加わる

寝耳に水だったのは、GDP統計を作成する内閣府。ある中堅幹部は「金融政策で何か発言する可能性はあると思っていたが...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1076文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン