/

この記事は会員限定です

帰ってきた清流 現実が絵本に追いつく

絵本作家・加古里子の戦後71年(下)

[有料会員限定]

1950年代半ば、絵本作家の加古里子(かこ・さとし、90歳)は東京・水道橋にある福音館書店の一室で、編集長の松居直(後の社長)と向かい合っていた。それまで、絵本を描いた経験はない。一介のサラリーマンだった加古は、とりあえず童話でも描かされるものと思っていた。ところが、松居から予想もしない要請を受ける。

「加古さん、今の時代に合うような、大きなテーマの作品を描いてください」

カネと命の交換工場

それは、加古にとって願...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3266文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン