/

この記事は会員限定です

子供の記憶に残す、日本の「見取り図」

絵本作家・加古里子の戦後71年(上)

[有料会員限定]

90歳の節目を迎えた絵本作家、加古里子(かこ・さとし)。ロングセラー『だるまちゃん』シリーズや『どろぼうがっこう』などで知られるが、今も新作が尽きない。今年9月、半世紀前の代表作『かわ』が装丁を一新して発売される。戦後復興の現場に身を置き、「絵本には向かない」と言われた過酷な労働や、公害の実態を描き続けた。その作家人生を振り返ると、71年前の「敗戦」が浮かび上がる。

死にはぐれ。加古は自らをそう...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り4507文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン