/

この記事は会員限定です

オバマ政権、ドローン普及へ「骨太」政策

ITジャーナリスト 小池 良次(Ryoji Koike)

[有料会員限定]

米ホワイトハウスが商用ドローンの普及に向け着々と手を打っている。8月2日、オバマ政権で科学技術政策を担うホワイトハウス科学技術政策局(OSTP)が初の商用ドローンに関するワークショップを開催。全米科学財団(NSF)を通じて商用ドローン研究に3500万ドル(約35億円)を投じるほか、米内務省による捜索救助用大型ドローンの調達など、重要な具体的振興策がいくつも発表された。米国は国家戦略の一環として商...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2375文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン