/

体操ニッポン、バトンつないでつかんだ「金」

ミスが相次ぎ、4位に終わった予選からよくぞ立て直したと思う。日本は予選で犯したミスをそれぞれが中1日で修正。勝負の決勝で自分たちの演技をやりきった。

鮮やかな復調の背景には、銀メダルに終わった前回の五輪を知る選手が、メンバー5人中4人いたことが大きかっただろう。4年前の悔しさを二度と味わいたくないという気持ちを最も前面に出していたのが内村航平(コナミスポーツ)だった。

周囲を奮い立たせようと内村はガッツポーズを見せた=写真 柏原敬樹

主将の責任感、大きなガッツポーズに

第1種目のあん馬で最初に演技し、ミスなく終えると、大きなガッツポーズを繰り出した。予選の失敗の影をまだ振り払いきれないチームを盛り上げ、勢いを出そうという主将の責任感。周囲を奮い立たせようとするしぐさは、その後もたびたび見せていた。

内村に続いて演技した山室光史(同)は落下したが、続く加藤凌平(同)は安定感のある内容。3人の合計では43.933点と大きくつまずかなかったことが次につながった。

日本は続くつり輪で予選を0.466点上回る「貯金」をつくる。流れをつかむ上で大きかったのが、3種目目の跳馬の第3演技者、白井健三(日体大)だった。

着地が1歩乱れた予選のミスを修正。伸身ユルチェンコ3回ひねりのフィニッシュをぴたりと決めた。15.633の高得点。たまたまうまくいったという偶発的な演技ではなく、自分で体をコントロールして狙い通り決めた、完璧な着地だった。

直後の平行棒でも、田中佑典(コナミスポーツ)が体の姿勢が乱れた予選の失敗を繰り返さない。予選を2点強上回る15.9の高得点をたたき出した。

取るべき種目で取るべき人が取るというのは、団体では非常に重い意味を持つ。対照的だったのが予選1位通過のライバル中国だ。

各種目で小さいミスが出たのも響いたが、痛恨だったのは得意のつり輪での失敗だった。得点源となる最後の選手が着地で動いてしまい、14.8点にとどまった。追い上げなければいけない場面だっただけに、他の選手は心理的な打撃を受けただろう。

5種目目の鉄棒でトップ、余裕生む

金メダルを獲得し日の丸を掲げて喜ぶ内村ら

日本は5種目目の鉄棒でロシアを抜いてトップに立ったことが大きかった。精神的に余裕を持って臨んだ最後の床運動では、最初の白井が16.133の高得点。最後は内村が締め、危なげない逃げ切りだった。

戦略も当たった。予選で4位に終わり、決勝の演技順は想定から大きく外れた。特に、鉄棒と床運動という体力を消耗する2種目を、加藤と内村の2人が短時間で演じるのは不安だった。

対策として、加藤と内村を鉄棒で1、2番目に、床運動で2、3番目に置き、両種目間の間隔を少しでも長く空けた。床運動の2人の演技を見れば、この工夫が当たったことになる。

勝負のアヤは他にもあった。この五輪は会場の雰囲気が非常に特徴的。開催国ブラジルの演技になると耳をつんざく大音響なのに、他国の演技では静まりかえる。「ゼロか100か」という極端な声援。ブラジルが高得点を出したときの大歓声は、周りで演技している選手の耳に嫌でも入る。

ブラジルと同組で回った予選での日本は、この声援に戸惑った面もあっただろう。日本は決勝もブラジルと同じ後半組の演技だった。内村が何度も見せた大きなガッツポーズには、観客の目を自分たちに引き寄せ、声援を味方につけようという思いもあったのではないか。

加藤の演技を最後まで通しきる安定感はチームを落ち着かせた

勝因、5人全員が自分の仕事全う

試合全体を振り返ってみると、5人全員が自分の仕事を全うし、バトンをつないでつかんだ勝利だった。

ただ1人、6種目を演じきり、エースとして、主将としてチームを引っ張った内村。

加藤は予選、決勝を通して致命的なミスは一つもなかった。演技を最後まで通しきる安定感はチームを落ち着かせた。

田中も予選で失敗した2種目で修正し、決勝では大きなミスはなし。魅力である美しい演技も十分に披露した。鉄棒は15.166と点数は伸びなかったが、審判の見方によってはもっと高い得点が出てもおかしくなかった。

白井は跳馬だけでなく、床運動でも予選のミスを繰り返さず、ポイントゲッターとしての役割を果たしてくれた。

山室はあん馬で落下。彼にとって五輪最後の演技だった2種目目のつり輪でも得点は伸びなかった。それでも自分なりの方法でチームに貢献している。テレビをご覧になった方なら、自分の出番が終わった後、合間合間に仲間に話しかけている山室の姿に気づかれただろう。

一番若くて元気のある白井は2種目しか出ないため、試合会場とは別の練習場での調整が長くなる。ムードメーカーとしての役割は果たせない。その分、自分がやらなければという考えが山室にはあったはずだ。

もともと周りから愛される、愛嬌(あいきょう)のある選手。しかし、満足のいく演技ができなかった悔しさをおくびにも出さずにチームに尽くすとは、簡単にできることではない。

白井はポイントゲッターとしての役割を果たした=共同

私が出場した4年前のロンドン五輪でも山室はそうだった。試合中の負傷にもかかわらず、暗い顔でなく常に笑顔でいてくれたことで、周囲を心配させなかった。今回もチームの精神的な支えになっていた。

個人総合の内村、種目別も見どころ十分

日本の体操界が熱望していた団体の金を、チーム全員でつかんだことで、残る種目でも日本は勢いづくだろう。五輪連覇が懸かる個人総合の内村はもちろん、種目別も見どころは十分だ。

平行棒に出場する加藤は上位勢の力が抜けているだけに、メダルは簡単ではない。ただ、予選はギリギリの8位突破だった。失うものはないので思い切ってやってほしい。

床運動の内村と白井、跳馬の白井はメダルの可能が大きい。特に、白井の床は五輪でも16点台という高得点を出せることは証明された。もう一度同じ演技をできれば金メダルは近づく。跳馬でも、団体決勝の伸身ユルチェンコ3回ひねりは余裕があった。今の調子なら、新技となる伸身ユルチェンコ3回半ひねりも跳べるのではないか。

(ロンドン五輪銀メダリスト)

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン