リオの熱気

フォローする

男子体操団体、12年ぶり優勝 新黄金時代に

(1/2ページ)
2016/8/9 7:46
保存
共有
印刷
その他

【リオデジャネイロ=山口大介】リオデジャネイロ五輪第4日の8日、体操の男子団体総合決勝で日本が2004年アテネ大会以来3大会ぶりに優勝した。日本はエース内村航平(コナミスポーツ)が安定感抜群の演技を見せ、19歳の白井健三(日体大)も得意の床運動などで活躍した。

男子団体総合決勝、つり輪の演技を終え、拳を握る内村=共同

男子団体総合決勝、つり輪の演技を終え、拳を握る内村=共同

「歴史つくる」、尻上がりの好演技

「リオで新しい歴史をつくろう」。こうコーチ陣から送り出された5人が文字通り、日本の五輪史に刻まれる新しい物語をつくった。しびれる試合展開に、尻上がりの好演技、勝ち方も含めて最高だった。

予選に続くあん馬からのスタートで先陣を切ったのは、いつもは最後に演技する内村だった。6種目すべてに出場、最後に体力を消耗する床運動を残すエースのために、演技間の休憩時間を長く取れるように練りに練ったオーダーだ。その配慮に主将が演技で応える。15点台を出してチームに安心感を与えた。

2種目目のつり輪では、最初のあん馬で落ちた山室が踏ん張る。スペシャリストの意地を見せて15点に迫った。日本は何とか序盤の「耐える種目」(森泉コーチ)を乗り切った。

ここから日本は一気に加速する。跳馬の2人目、内村は大技「リ・シャオペン」に挑んだ。2年前の世界選手権で中国に0.1点差で負けた後、「日本の武器にもなる」と取り組んだのが従来の「ヨー2」よりも演技価値点が0.2点高いこの技だ。やや着手が不安定だったが、着地を止めて力強いガッツポーズ。15.566点の高得点をたたきだすと、白井が続いた。伸身ユルチェンコ3回ひねりで着地を完璧に止め、15.633点。5位から2位に順位を上げた。

同じ班の首位ロシアを約2点差で追って後半戦へ。平行棒はパーフェクトだった。予選でG難度の「棒下マクーツ」に失敗した田中が1番手で成功し、15.900点の高得点をたたき出した。続く加藤、内村も15点台半ばをそろえロシアとの差を1.3点まで縮めた。

選手たちにも「勝てる」という自信が芽生え始めていただろう。5種目めの鉄棒でも内村が予選で失敗した「屈身コバチ」を成功させる。演技後の表情はきつそうだが、加藤と田中も15点台。日本がついにロシアをとらえて首位に立った。だが、ロシアとは0.208点差、さらに追い上げてきた中国とは0.739点差。まだ分からない。

  • 1
  • 2
  • 次へ
保存
共有
印刷
その他

体操のコラム


電子版トップスポーツトップ

リオの熱気 一覧

フォローする
車いすラグビーの3位決定戦でカナダ選手と競り合う池崎(右)=寺沢将幸撮影

 南米の地で、車いすラグビー日本代表が新たな歴史をつくった。18日に行われた3位決定戦で、世界ランク3位の日本は同4位のカナダに52―50で勝ち、パラリンピック史上初の銅メダルを獲得した。前日の準決勝 …続き (2016/9/19)

5日間で5種目に出場した木村。「トータルでは悔しい大会」=寺沢将幸撮影

 競泳男子200メートル個人メドレー(視覚障害SM11)で、木村敬一(東京ガス)は2分28秒76で4位に終わった。5日間連続のメダル獲得はならなかったが、自己ベストを更新した。
 5日間で5レースという …続き (2016/9/17)

米国に惜敗、池崎(右)は「もう少し、もう少し(だった)」と悔しそう=寺沢将幸撮影

 車いすラグビーは16日、1次リーグ最終戦が行われ、B組で世界ランク3位の日本は同1位の米国と延長戦の末、56―57で敗れた。2勝1敗で2位通過となり、17日の準決勝はA組1位で世界ランク2位のオース …続き (2016/9/17)

ハイライト・スポーツ

[PR]