/

この記事は会員限定です

人工衛星を使って農地の利用状況を把握

[有料会員限定]
日経テクノロジーオンライン

パスコは2016年8月5日、人工衛星を使って農地の利用状況を効率的に把握できる「農地利用状況調査支援サービス」を2016年8月から提供開始したと発表した。地球を周回して定期的に地球上の変化を観測できる人工衛星の有用性に着目し、農地の作付前後など最適な時期を任意に設定し変化量を抽出する。

人工衛星で撮影した調査年度の2時期の画像(1.5m解像度)と農地地番図(農政機関から借用)の2つの情報を重ね合わせた調...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り412文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン