/

この記事は会員限定です

「空き家2000万戸時代」の備え 増加続けば地域荒廃

[有料会員限定]

団塊世代からの大量相続を控え「3軒に1軒が空き家」の時代を迎える。国や自治体も危険な空き家の強制解体などの対策に乗り出している。受け継いだ実家などを空き家にせず、なるべく経済的な負担を減らすための方策などを追った。

再活用「仲介」制度 自治体が対策急ぐ

「今の時代、余計な土地はありがた迷惑だわ」。徳島県西部の山麓で暮らす60代の女性はため息交じりに言う。代々受け継いできた築100年以上の長屋が空き家となり、取り壊しを決めた。その解体費...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3929文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

日経ヴェリタス

経済・マーケットの今を深く知る。資産運用ビギナーから投資のプロまで、投資にかかわるすべての方に「確かなモノサシ」となる情報を発信します。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン