/

「事業転換」成功の秘訣 富士フイルムCTO

CTO30会議(3)

日経BPクリーンテック研究所

デジタルカメラが普及したことで、富士フイルムの売り上げのほとんどを占めていた写真フィルムの需要は激減した。同業の米Eastman Kodakでさえ連邦倒産法を申請するほど大きな、業界の地殻変動だった。こうした中で富士フイルムは、コア技術の使い方や適用分野をシフトさせることで、華麗な転身をしてみせた。

医療機器や高機能材料により、同社の業績は好調だ。その立役者は、化粧品や医薬品の事業を立ち上げ、2016年6月末に同社副社長兼CTO(最高技術責任者)に就任した戸田雄三氏。同氏はその経験を基に、日経BP社が主催する次世代CTOが集うフォーラム「CTO30会議」でCTOの役割について講演した。今回、改めてCTOの必要性やその背景、求められる資質などについて聞いた。

――CTOの役割は何ですか。

富士フイルムの戸田雄三副社長(写真:新関雅士)

戸田企業の価値を最大化することがCTOにとって一番重要な役割です。今の時代、IoT(モノのインターネット化)やAI(人工知能)など技術がビジネス環境を大きく変えています。技術革新が産業を大きく変化させるトリガーになります。CTOこそが主役となってビジネスを大きく育てる時代なのです。

――富士フイルムが化粧品や医薬品など新しいビジネスを育てるときに、最初にしたことは何でしたか。

戸田 コア技術の見極めです。現在のコア技術と育てていくべき将来のコア技術。富士フイルムにとって、まずやらなければいけないことは、このコア技術を定義することでした。どこを自社の強みとするのか、技術的な優位性はどこにあるのか。これを見極めて定義しなければなりません。

そのためには、ビジネスを取り巻く環境についても知らなければなりません。現在の環境と、これから世の中がどの方向に向かい、その先にどのような世界が待っているのか。

富士フイルムの場合は、化粧品産業や医薬品産業を取り巻く環境を知らなければなりませんでした。その業界がどう変化し、将来はどのようなニーズが生まれるのか。将来求められることを理解したうえで、その時に必要とされるコア技術を定義し、今から磨いていくわけです。

「環境の変化の見通しからコア技術の定義」まで、これがまさにCTOがしなければならない仕事です。

――CTOとCEO(最高経営責任者)との役割の違いは何でしょうか。

戸田 CTOの役割は、仕掛け人として新しいビジネスモデルを提案することだと考えています。どの技術、どのようなビジネスをするのか。成功するか失敗するかは別として、まずは提案することが必要です。将来に向けた夢を描くのです。

これに対してCEOは、経営という観点から優先順位を決めます。それを具体的な課題として落とし込む役割を担います。

CEOが経営者としての腕を振るえるよう、CTOがアイデアを出すわけです。それも、CEOがしっかりと判断できるように予算、人員配置、生産体制、納期、コアコンピタンスなどを含めた、具体的なアイデアにする必要があります。

――そこまでいくと、CTOの範囲を超えているようにも思えます。

戸田 ビジネスを作るわけですからCTOのカバー範囲は広くなります。場合によっては越権行為に見えるかもしれません。でも越権行為をするくらいでいいのです。越権行為をする人が多い会社は、間違いなく優れた会社です。私も部下にはどんどん越権行為をするように言っています。

――CTOに求められる資質や経験を教えていただけますか。

戸田 若いうちは専門分野を持つことです。1本、筋の通った背骨がないと、本質を見抜くことはできません。ある分野を徹底的に掘り下げて本質を見抜いたら、それを横に展開することです。広い知識を持ち、一つの専門分野を持つことを「T字型」とよく言いますが、実は掘り下げた後に、その本質を一般解として横展開する「逆T字型」が望ましい。

そして、CTOになったらプロデューサーになることが大切です。仲間に将来の姿を見せて、夢を持たせ、向かうべき道へと導く。そうして会社の様々な機能をまとめあげて、一つのプロジェクトをプロデュースするのです。

「CTOが夢を語るべき」と話す戸田副社長(写真:新関雅士)

――写真フィルムを掘り下げて、横へ展開した逆T字型の結果、化粧品や医薬品へ参入した経緯を教えてください。

戸田 若いころ、写真フィルム工場で働いていた時、あるトラブルに直面しました。その解決には、乳化やコラーゲンの勉強が必要でした。そのとき、役立ちそうな論文や学会のほとんどが化粧品や医薬品分野のものだということに気がつきました。それくらい化粧品や医薬品と写真フィルムは、似た技術を使っています。

例えば、フィルムは厚さが20μm(ミクロン)で、酸素に弱いという特性があります。そこで富士フイルムは、酸素に強いフィルムを作るために3000種類以上の酸化防止剤を開発してきました。一方、人の細胞もスケールは約20μmです。そして、老化や癌の原因は酸化であり、予防には酸化防止剤が役立ちます。

ほかにも、写真フィルムで培った技術を生かせる場面は多々あります。写真フィルムという商品には寿命があっても、技術に寿命はありません。本質を見抜き、その価値を別の領域に生かすことで、新しい付加価値を生み出せます。

――新しいビジネスを生み出すために心掛けるべきことはありますか。

戸田 社内で「"ほら"を吹け、ウソはつくな」と言っています。ウソは過去の過ちについてのごまかし、"ほら"は明日の夢を語るものだからです。

先ほど、CTOはプロデューサーになるべきだ。そのためには周りの人に夢を見させることだと言いましたが、それがここでいう"ほら"を吹くことなのです。

この"ほら"が、自分を駆り立てることにもなります。人に夢を見せたら、その実現に向けて努力しなければいけません。それだけ自分に高い課題を設定していることになるわけです。

もちろん、実際に新しいビジネスを始めようとしたとき、最初はほとんどの人が理解できません。経験も知識もまだ十分ではないからです。中には賛成してくれる人がいますが、数は限られます。せいぜい2~3%です。ただ、逆に大反対してくる人も2~3%。残りの90%以上の人は、考えを理解できず、判断できないだけです。

この大多数の人を味方につけるには、小さくてもいいから成功例を見せることです。その成功例を見せることもCTOの役割です。このとき、小さい成功例でいいからといって細部をおろそかにしてはいけません。コストが競合他社に勝てるレベルであること、品質が高いこと、こうした細部にこだわり、商品として完成したものにすることが大切です。いずれ満足するレベルに達するという程度では成功とは言えません。

――最後に、日本企業が元気になるために必要なことを教えてください。

戸田 日本人は失敗を恐れすぎです。私は、周りの人に失敗したことがないと言っています。なぜなら大きな目標を持って、それに少しでも近づいたら、それは失敗ではないからです。

日本の企業や経営者は、もっと大きな目標を持ったほうがいい。そうすれば失敗はなくなります。小さい目標を立てて、細かなことでその通りにならないと失敗というレッテルを貼ってしまう。これでは元気になれません。経営者が大きな目標を掲げることで、日本は変われると思います。

(聞き手:日経BPクリーンテック研究所 菊池珠夫)

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン