GDPはプラス成長だった?日銀・内閣府が論争

2016/8/5 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

一国の経済力を表す国内総生産(GDP)。もっとも重要な経済統計と言っても過言ではないGDPの推計方法を巡り内閣府と日銀の間で論争が勃発している。

事の発端は日銀が7月20日にホームページで公表した『税務データを用いた分配側GDPの試算』という1本の論文だ。

■日銀論文、内閣府公表より30兆円多く

「得られた結果はかなりショッキングでした」。日銀の関根敏隆調査統計局長は7月26日に総務省で開かれた政…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]