/

この記事は会員限定です

日本とフランス、ロボットやIoTで関係強化

駐日大使に聞く

編集委員 安藤淳

[有料会員限定]

日本、フランスの両政府が産学と協力して2015年10月から進めてきた「日仏イノベーション年」が、折り返し点を過ぎた。日本の研究開発やイノベーションの力の低下が懸念されるなか、仏が連携強化をめざすのはなぜか。どの分野で協力を深めたいのか。関連イベントや交流事業を積極的に支援してきたティエリー・ダナ駐日フランス大使に聞いた。

両国の起業家や投資家を橋渡しするサイト

――昨年10月、マニュエル・バルス仏首相が来日しイノベーション年の開始を宣言...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2322文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン