/

この記事は会員限定です

安倍1強の伏兵は「法案渋滞国会」

編集委員 清水真人

[有料会員限定]

首相の安倍晋三はなぜ真夏に内閣改造を急ぐのか。それは8月後半から国際会議などで外遊が続くうえ、秋の臨時国会の召集も9月半ばと異例に前倒しし、十分な審議時間を確保するためだ。安倍1強と言いながら、重要議案がいくつも渋滞する国会は柔らかい脇腹のような急所。特に成長戦略の推進には「滞貨一掃」が急務となる。

「外国人技能実習制度の見直し=管理監督体制の抜本的強化を図りつつ、対象職種の拡大、技能実習期間の延...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2733文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン