スペシャル

フォローする

イチローに宿るプロの覚悟 「応援よろしく」は言わぬ
革命家イチロー迫るメジャー3000本

2016/7/26 3:30
保存
共有
印刷
その他

「頑張りますので、これからも応援よろしくお願いします、とは絶対にいいません」(2015年1月29日、マーリンズ入団会見で)

常に人が期待する以上のサプライズを提供し、耳目を集めてきたイチローの「スターとはかくあるべし」という哲学が表れた言葉ではないか。

マーリンズの入団会見でユニホームを披露(15年1月29日)=共同

マーリンズの入団会見でユニホームを披露(15年1月29日)=共同

こちらから頭を下げなくても、目を向けられる存在。黙っていても人がついてくる選手。そうでなくなったらプロでいる意味すらない、という覚悟がうかがえる。

当然ながら、プロは結果をその身一つで受け止めなくてはならない。「打てなくてごめんなさい」は通用しない。この厳しさと正面から向き合える強さを持った選手は案外少なく、作り笑いの一つもしてしまうのが普通の選手だ。

イチローの強さから連想されるのは落合博満・現中日ゼネラル・マネジャーだ。

「勝ちゃいいんですよ。それだけです」。1986年のオフ、3度目の三冠王の実績をひっさげて、ロッテから中日に移籍、日本選手初の年俸1億円を突破した際のコメントだ。仰天する周囲に、その金額に見合う働きをすると宣言した。

優勝請負人として球団を渡り歩き、有言実行を貫いた人。その勝負強さは人に甘えず、退路を断ったところに宿るものではなかったか。イチローの立ち位置はそこに近い。

「応援よろしくとは言わない」という、やや突っ張った言葉から、日本でブレークしたころのCMが思い出された。

先がとがったスナック菓子の宣伝のセリフは「とんがっておいしい」だった。あのCMは存外、イチローの本質を表していたようだ。年を経ても丸くならず、常に自分を鋭角に保ってきた。その切っ先から膨大な数の安打が生まれた。

「スポーツ」のツイッターアカウントを開設しました。

スペシャルをMyニュースでまとめ読み
フォローする

保存
共有
印刷
その他

大リーグコラム

電子版トップスポーツトップ

スペシャル 一覧

フォローする
2004年10月、シーズン262安打を達成した=共同共同

 米大リーグ、マリナーズのイチローが21日、現役引退を表明した。オリックスやマリナーズ時代の同僚で、プライベートでも親交がある長谷川滋利氏(50)に、数々の偉業を成し遂げた希代の大打者の素顔を語っても …続き (3/23)

長谷川氏は「まずは日本で培ってきたことを出してほしい」と菊池に助言する=共同共同

 米大リーグのマリナーズとアスレチックスは20、21日に東京ドームで開幕2連戦を行う。マリナーズのイチローは2012年以来の日本凱旋で18年5月2日以来の公式戦出場が有力で、第2戦には菊池雄星が先発し …続き (3/19)

セミナーで対談する神事さん(左)と丹羽さん

 米大リーグで投打の「二刀流」に挑むエンゼルスの大谷翔平が躍動しています。その一挙手一投足が日々のニュースで取り上げられています。日経電子版は5月14日、東京・大手町で「大谷翔平、なにがすごい!? デ …続き (2018/6/5)

ハイライト・スポーツ

[PR]