勝負はこれから

フォローする

大リーグ初の米軍基地開催でみえたもの
編集委員 篠山正幸

(1/2ページ)
2016/7/26 6:30
保存
共有
印刷
その他

東京23区の倍の面積の土地で、5万5千人の軍人を含む25万人が活動し、8つの学校に4500人が学び、病院では毎日6~8人の新生児が誕生している――。メジャー通算3000安打が迫るマーリンズ・イチローを追いかけるなか、米軍最大級とされるフォートブラッグ基地での1戦を取材する機会に恵まれた。軍とスポーツの屈託のない連携に、米国の一断面を見た気がした。

活動中の基地でメジャーの試合初開催

3日にフォートブラッグ基地で行われたブレーブス-マーリンズ戦

3日にフォートブラッグ基地で行われたブレーブス-マーリンズ戦

7月3日のブレーブス―マーリンズ戦は米南東部ノースカロライナ州にある基地、フォートブラッグのなかで行われた。活動中の基地でメジャーの試合が行われるのは初めてという。

メジャーの試合は原則的に各ホーム球場で行い、常打ち球場以外での開催は日本での開幕戦などごくまれだ。

異例中の異例ともいえる基地内での開催は7月4日の独立記念日に合わせ、国を守る軍への感謝と敬意を示すべく企画されたものらしい。

我々取材陣は手荷物の検査を受け、広大な敷地内を10分ほどマイクロバスで走り、5億円をかけて建設されたという仮設の球場に着いた。

病院や学校などがある一画は、おそらく広大な基地のなかの"文教地区"らしく、生々しい訓練施設などの面影はなかった。

しかし、ベトナム戦争の激戦期にあたる1966年から70年までの間に、20万人の青年がここで訓練を受けたといった説明を聞くと、そこが戦いの前線から遠くないことが意識され、空恐ろしさを覚えた。

客席を埋めた1万2582人の観客は軍人とその家族。巨大国旗が外野を覆い、軍関係者による国歌斉唱が行われ、軍のヘリ4機が轟音(ごうおん)を立ててセンターからホームプレート上空を飛行し、プレーボールがかかった。

日本のプロ野球がこうした場所で開催されることを想像した途端「ありえない」となるわけだが、米国ではそこに越えるべき垣根のようなものはないようだ。

試合前には療養中の兵士とその家族が暮らす施設をロブ・マンフレッド・コミッショナー、ヤンキースなどで監督を務め、今はコミッショナーのご意見番となっているジョー・トーリ氏、選手会専務理事のトニー・クラーク氏が慰問した。

記者会見に臨んだイエリチ(右)。弟が海軍にいるといい、基地でプレーできることを「光栄に思う」

記者会見に臨んだイエリチ(右)。弟が海軍にいるといい、基地でプレーできることを「光栄に思う」

試合前の記者会見ではコミッショナー、マーリンズのドン・マッティングリー監督らが「このような場所で試合ができるのは光栄」と口をそろえた。

マーリンズの主軸、クリスチャン・イエリチは20歳になる弟が海軍に所属しているといい、軍関係者の前でプレーできることを喜んでいた。

もっとも、施設の整ったいつもの球場での試合とはわけが違い、選手には負担がかかる遠征だった。テント小屋にはそれなりのロッカールームや簡単な打撃ケージも設けられていたが、通常のパターンにない移動を含め、一苦労だったことは間違いない。

2015年に就任、メジャーの新規事業への取り組みに熱心とされるマンフレッド・コミッショナーにとって、今回の開催は肝煎りのイベントだったようだが「選手会の理解と協力を得られたおかげ」としきりに選手側を気遣っていたのが印象的だった。

  • 1
  • 2
  • 次へ
保存
共有
印刷
その他

大リーグコラム

電子版トップスポーツトップ

勝負はこれから 一覧

フォローする
ワールドトライアウトで東尾修氏(左)と対談する清原氏。西武から巨人に移籍した経緯など、秘話が披露された

 1980年代から2000年代を代表する打者である清原和博氏(52)が、ファンの声援を背に、球場に帰ってきた。11月30日、神宮球場で行われた野球選手の再チャレンジを支援するイベントに、監督として参加 …続き (12/10)

米大リーグ挑戦についての記者会見を終え、ポーズをとる巨人の山口俊投手(中央)。左は原監督、右は今村球団社長(18日)=共同共同

 1998年、日米球界間の移籍の新たな「通路」として導入されたポスティング(入札)制度はフリーエージェント(FA)権を獲得する前の「旬」の選手のメジャー挑戦を可能にする一方、日本プロ野球の空洞化をもた …続き (11/26)

野球には見るものに思わず「アウト」「セーフ」と言わせるような気迫に満ちたクロスプレーもある(「プレミア12」の日本―ベネズエラ戦)=共同共同

 野球の判定に、どこまで「機械の目」を導入すべきか――。改めて考えさせられる場面が、ナショナルズとアストロズが“世界一”を争った今年のワールドシリーズで見受けられた。
 2勝2敗で迎えた第5戦(10月2 …続き (11/12)

ハイライト・スポーツ

[PR]