2019年9月18日(水)

日経DI、7月悪化 消費冷え込み警戒感

2016/7/31 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

小売りや外食、サービス関連企業が消費動向に厳しい見方をしている。日本経済新聞社が四半期ごとに調査する「日経消費DI」の7月調査で業況判断指数(DI)はマイナス18、3カ月後の見通しもマイナス12とそれぞれ前回から10ポイント以上悪化した。株価下落や将来不安で消費者心理の冷え込みを懸念しており、低価格の店や商品を増やす動きにもつながっている。

■旅行・百貨店、高額消費見通し厳しく

7月調査では15業…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。