自動運転

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

トラック運送業、自動運転「大歓迎」も実現に長い道
自動運転が作る未来(1)

(1/2ページ)
2016/8/3 6:30
共有
保存
印刷
その他

日経BPクリーンテック研究所

 トラックの自動運転走行の実証実験や新興トラックベンダーの自動運転車の開発が内外で進んでいる。ヤマト運輸とディー・エヌ・エー(DeNA)は、2017年に宅配便の配達に自動運転技術を活用する実験を始める。ドライバーシートに人影のない“無人トラック”の走行映像も珍しくなくなった。もし、無人トラックが走り回るようになれば、トラックの稼働率が上がり、適正速度の巡航走行などの効果で燃費が改善されるという予測もある。

 その一方で、トラックドライバーという職業が不要になってしまうという懸念の声があるのも事実だ。トラック運送業の現場を知る全日本トラック協会の永嶋功常務理事に、自動運転が作るトラック運送業の未来を聞いた。

――ドライバーの高齢化など、トラック運送業が抱える事業上の課題が自動運転で解決できるのではという期待の声が上がっている。トラック運送業界は自動運転を歓迎しているのか。

全日本トラック協会の永嶋功常務理事
画像の拡大

全日本トラック協会の永嶋功常務理事

永嶋 ドライバーの負荷軽減につながる自動運転は大いに歓迎したい。大歓迎だ。ドライバーの負荷を軽減する仕組みはどんどん取り入れていきたい。ドライバーの高齢化や労働力不足が深刻化するなかで、もっと早く進めてくれという声さえ上がっている。負荷軽減の観点だけでなく、ドライバーの安全を守るという観点からも、今後の技術進展に大きな期待をかけている。

――無人トラックが走り回るようになれば、ドライバーの労務費を削減できるほか、輸送頻度を高めて事業効率を上げられる可能性がある。ただ、そうなると、ドライバーから職業を奪うことになるのではないかという指摘もある。

永嶋 仮に自動運転が可能になっても、今のわが国の状況では、直ちに「無人トラック」が公道を走るということまでは考えにくい。それに、そもそも「ドライバーが職を追われることになるから、自動運転は問題だ」といった発想はない。今のトラック運送業界では、ドライバーの高齢化が進み、一方で少子化や労働環境などの影響もあり、若いドライバーのなり手がどんどん減っている。トラック運送業界の労働力不足は将来に渡って続くものと考えており、むしろ無人トラックへの期待は大きいといえる。

 特に経営者サイドでは、無人トラックが実用化され、人手不足や労働コストの上昇といった経営課題が改善されるのではないか、という願望を持つ人が多い。

――運転のアシストだけでなく、ドライバーの役割も果たしてくれることを期待する声があるということか。

永嶋 そうだ。自動運転に関する報道が広まっていることもあって、トラックの世界にも自動運転がすぐにやってくるのではないかという期待が高い。運転が楽になったり、人間より機械が運転する方が安全ということも考えられる。

 実際のところ、乗用車は人(ドライバー)が移動するためのツールとして、常に人が乗車していることが前提となる。だから、乗用車の自動運転は、ドライバーをどれだけアシストできるかを議論することから始まってきた。これに対してトラックの自動運転はすぐに“無人トラック”が連想される。トラックはものを運ぶためのツールだから、無人でもよいのではないかということになるのだろう。言い換えれば、それだけトラックの自動運転に求められる期待度が高いともいえる。

 一方で、無人トラックの実現には、解決しなければならない問題や課題が山積していることも指摘しておかねばならない。

――無人トラックでの走行テストは始まっているが、技術的な不安がしばらくの間は解消されないということか。

永嶋 技術的な不安は非常に大きい。特に指摘しておきたいことは、乗用車とトラックの技術は全く別物ということだ。トラックは大きく、重量もあるため、より高度で完成度の高い技術が求められる。

 さらに、トラックによっては、大きさや長さも全然違う。例えば車線変更にしても、長さが12メートルの大型トラックには、より高度で慎重な運転が求められ、システムもそれだけ複雑になる。トラックはその大きさや重さゆえに、事故を起こしたときの被害が乗用車のそれと比べて格段に大きくなる。それゆえ、乗用車よりも何倍も精緻で厳しい制御機構が求められる。こうした違いがあるため、乗用車の自動運転の技術がすぐに中・大型トラックに転用できるとは思わない。

 これまでのところ、トラックの自動運転走行に関するわが国での一定規模の研究は、高速道路での隊列走行だけといっていい。一般道を無人トラックが走行できる技術の開発となると、相当先のことになりそうだ。乗用車では実用化されている自動運転による車庫入れや縦列駐車も、トラックではなかなか実現できていない。アラウンドビューさえないのが実情だ。

  • 前へ
  • 1ページ
  • 2ページ
  • 次へ
共有
保存
印刷
その他

電子版トップテクノロジートップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!

日経BPの関連記事

【PR】

自動運転 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

図1 「A8L」の外観。全長5170mmの標準車「A8」よりホイールベースが130mm長い

アウディ、自動運転の先駆者へ 「レベル3」実現の中身 [有料会員限定]

 ドイツAudi(アウディ)が「レベル3」の自動運転機能を開発し、旗艦セダン「A8」に搭載する(図1)。自動運転中の事故の責任をメーカーが負うリスクを果敢に取って、Audiが自動運転時代の先駆者たるこ…続き (9/21)

Valeoがフランス・パリで走らせていた自動運転の試作車。車両の四隅に79GHz帯のミリ波レーダーを備える

コストと精度 次世代ミリ波レーダー、課題解決の道程 [有料会員限定]

 自動ブレーキ機能を搭載する現在の普及車は、前方監視用に77GHz帯のミリ波レーダー1個と、後側方監視用に24GHz帯の準ミリ波レーダーをバンパー左右に1個ずつ搭載しているものが多い。自動運転機能を備…続き (9/7)

交差点事故防止へ、斜め前見る「ミリ波レーダー」 [有料会員限定]

 クルマがセンサーの塊になりつつある中で、“名脇役”であるミリ波レーダーが着々と進化している。LiDAR(レーザーレーダー)やカメラと比べると地味だが、自動運転車で車両周囲を監視する上で欠かせない存在…続き (9/6)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

TechIn ピックアップ

09月22日(金)

  • EV化による国内自動車関連メーカーの明暗 厳しい時代迎える部品会社も
  • 攻撃者が狙うシステムの弱点は5つ
  • そこに「座る」だけでアニメのキャラクターと遊べる──ディズニーが開発した「マジックベンチ」の実力

日経産業新聞 ピックアップ2017年9月22日付

2017年9月22日付

・レシート、スマホで9割超読み取り、ISP
・薬副作用、iPSで予測 武田、早期に安全性見極め
・花火・海外挙式、VRで体感 近ツー、遠隔地に同時中継
・農作業の負担軽く、電動台車が自動追尾 中西金属工業
・抗がん剤を使いやすく、シンバイオ 米社技術導入…続き

[PR]

関連媒体サイト