2019年4月19日(金)

インタビュー

フォローする

Jリーグと2100億円契約に勝算あり パフォームに聞く

(1/2ページ)
2016/7/24 3:30
保存
共有
印刷
その他

Jリーグが動画配信大手の英パフォームグループと結んだ放映権契約は、国内のスポーツ界では過去最大の10年総額2100億円という金額になった。パフォーム・インベストメント・ジャパンの最高経営責任者(CEO)と、同グループ全体の動画配信のCEOを兼ねるジェームズ・ラシュトン氏に、大型契約の狙いや今後の戦略について聞いた。

ダ・ゾーン、3000円より安価で

パフォームグループで動画配信の責任者を務めるラシュトン氏

パフォームグループで動画配信の責任者を務めるラシュトン氏

――世界に先駆けて日本で始めるスポーツ中継サービス「DAZN(ダ・ゾーン)」では、JリーグのほかにバレーボールのVリーグや、総合格闘技のUFCの放送を発表している。海外サッカーやテニス、野球、ラグビーなどの放送も予定しているが、1つの料金を払うだけで全てのコンテンツを見ることができるのか。

「日本のスポーツファンに、シンプルで素晴らしいサービスを提供する。全てのスポーツが、同じ定額サービスの中で見られるようになる。日本では年間6000試合のスポーツを放送する予定だ」

――料金はどれくらいになるのか。ソフトバンクが今年始めたスポーツ中継サービス「スポナビライブ」は月額3000円(ソフトバンクの携帯の契約者は500円)に設定している。

「日本の既存の有料テレビも、スポナビライブと似たような料金になっている。ダ・ゾーンは3000円という数字よりも魅力的な料金になるだろう」

「価格は重要だが、いかに多くのスポーツを見られるようにするかが大事だ。現在、日本のスポーツファンは、3つのスポーツイベントを見るために3つの有料テレビに月3000円ずつ支払い、合計で9000円を負担することもある。これはスポーツファンにとってありがたい状況ではない。ダ・ゾーンを通して日本のスポーツファンに全てのスポーツのコンテンツを提供し、その心をつかみたい」

10年間という長期契約に大きな意味

――Jリーグとの契約で莫大な金額を投資するが、どうやって利益を出すのか。

「パフォームはダ・ゾーンに登録した人からの利用料だけで収入を稼ぐという、とてもシンプルなビジネスモデルを取る。ダ・ゾーンには広告も入らないが、利用料だけで十分に費用をカバーできると思っている。(世界的には)音楽定額配信のスポティファイや、動画配信大手のネットフリックスが成功している。スポーツファンの方が音楽ファンより情熱を持っていると思うから、スポーツで同様のサービスが成功しない理由がない」

「新しいサービスが普及するには時間がかかる。だから、Jリーグという素晴らしいパートナーと10年間という長期的な契約ができたのは非常に大きな意味がある。10年の間に、従来の有料テレビより我々のサービスの方が素晴らしいということを説明し、消費者に知ってもらわなければいけない。私の哲学はとてもシンプル。素晴らしいコンテンツと映像があれば、加入者を獲得できる」

  • 1
  • 2
  • 次へ

春割実施中!無料期間中の解約OK!
日経電子版が5月末まで無料!

保存
共有
印刷
その他

サッカーコラム

電子版トップスポーツトップ

インタビュー 一覧

フォローする
川崎一筋17年目の中村憲剛。生え抜きがクラブを支えるという

 2月22日に開幕するサッカーの明治安田生命J1リーグ。優勝候補の筆頭は、3連覇に挑む川崎フロンターレだろう。チームの旗頭(バンディエラ)である38歳のMF中村憲剛に話を聞いた。
 ――キャンプの感触は …続き (2/19)

日本代表に「W杯では様々なことが起こりうる。サプライズをおこしてほしい」とエールを送る

 サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会の開幕が14日に迫った。大会の行方やアジアのチームの見通しについて、韓国代表の元主将でイングランドの強豪、マンチェスター・ユナイテッドでも活躍した朴智星(パ …続き (2018/6/11)

中田氏は4月から筑波大大学院で社会工学を専攻する

 元サッカー日本代表の中田浩二氏(38)は2014年の引退後、多くのサッカー選手とは異なり、スポーツビジネスへの道を歩み始めた。現在はJ1鹿島でクラブ・リレーションズ・オフィサー(CRO)としてスポン …続き (2018/4/4)

ハイライト・スポーツ

[PR]