2019年9月15日(日)

スペシャル

フォローする

重量級 どん底から逆襲 復権ニッポン柔道(上)

2016/7/22 3:30
保存
共有
印刷
その他

柔道男子重量級(100キロ級、100キロ超級)は"7分の2"にとどまらない。下から順に7階級を行う五輪では、団体戦の副将、大将戦に等しい重みがある。世界一決定戦に限りなく近いヘビー級での金メダル。それは下の階級の黒星を補ってあまりある大金星だ。

羽賀はひ弱さを克服して飛躍した=共同

羽賀はひ弱さを克服して飛躍した=共同

男子代表監督としてリオデジャネイロ五輪に挑む井上康生(38)ら代々の「日本のエース」が背負ってきた。その看板が近年めっきり色あせていた。誤算の始まりは北京五輪最重量級王者・石井慧の21歳での総合格闘技転向か。今回の代表2人は、惨敗のロンドン大会でもたたったこの空白を埋める期待を担う。100キロ級は現世界王者の羽賀龍之介(25、旭化成)、100キロ超級は世界ランク2位の原沢久喜(24、日本中央競馬会)。井上体制の出発点を思えば両人の伸長は著しい。

「世界と戦うレベルになかった。すごく弱かった」と重量級担当コーチの鈴木桂治(36)は、就任したロンドン五輪直後の日本の立ち位置を振り返る。前任監督の篠原信一はスパルタの人。脱落者を切り捨てる厳しさは選手を疲れさせ、代表チームと選手の所属先との関係をこじらせた。

当時現役だった鈴木によると、それは「練習量をこなせば強くなるという考え方。間違いではないが、それではもう勝てない」。才能が湧いて出る時代でもない。柔道人口の漸減などで土壌がやせた今、これと見込んだ芽に集中的に水をやるべきだと鈴木は言う。

リオへの道は、技術以前にろくにあいさつもできない選手たちの意識改革から始まった。足技を磨くため、時には畳の上でサッカーもさせた。現役ボディービルダーでもある総務コーチの岡田隆(36)が、体を強く大きくする講義を重量級選手に聞かせたこともある。

大事にするといっても温室栽培ではメダリストは育たない。内股の使い手として早くから期待された羽賀は精神面の弱さも抱えていた。そこで極寒のモンゴルで単身武者修行を強い、国内で2時間の通し稽古を命じた。

ケガにつながると本人はこぼしたが、「それが弱さ。誰かが鬼にならなければ」と鈴木。2014年世界選手権ではこの階級だけ代表派遣を見送るというショック療法も。屈辱をバネに羽賀は翌年の世界選手権で初優勝、今では「競ったとき、逆転が必要なときも絶対に心が折れない確信がある」と自負するほどだ。

一方、191センチの長身と柔軟性を併せ持つ原沢は技と場数が足りていなかった。そこで国際大会にどしどし派遣、14年秋以降に7大会連続優勝という望外の成果を収め、試合のたびに技も迫力もグレードアップした。

7月上旬のスペインでの国際合宿ではロンドン五輪王者で世界選手権7連覇の"絶対王者"テディ・リネール(フランス)と2度組み合った。1度は投げられたが「奥襟や背中を持てたし、組み手は以前より対応できた」。感触は悪くない。

試合での対戦がないことに相手が不気味さを感じれば勝機も生まれる。余白の大きさは、そのまま大化けの可能性を示している。=敬称略

 男子は史上初の金メダルなし、女子も1つだけという結果に日本柔道が消沈したロンドン五輪から4年。リオでの復権へ向けた取り組みを探る。
「スポーツ」のツイッターアカウントを開設しました。

スペシャルをMyニュースでまとめ読み
フォローする

保存
共有
印刷
その他

復権ニッポン柔道

電子版トップスポーツトップ

スペシャル 一覧

フォローする
瀬戸は6月の欧州遠征で自己ベストをマーク=共同共同

 12日に韓国・光州で開幕した水泳世界選手権。メダルラッシュが期待される競泳ニッポンは21日から登場する。競泳陣にとって、今大会は金メダルを獲得すれば来年の東京五輪代表に内定する、いわば五輪前哨戦。2 …続き (7/19)

2020年東京五輪のチケットの販売方法について発表する北島康介さん(東京都港区)=共同共同

 2020年東京五輪のチケット抽選申し込みが、公式販売サイトで9日午前10時から始まる。1人が購入できるのは最大30枚で、申込期間は28日までの20日間と決して長くはない。今から観戦したい競技種目や日 …続き (5/2)

 卓球の世界選手権個人戦が21~28日、ブダペストで行われる。来年の東京五輪で悲願の金メダルを目指す卓球ニッポンは、最強中国を相手に快進撃を続ける伊藤美誠(スターツ)が半世紀ぶりの、高校生になった張本 …続き (4/16)

ハイライト・スポーツ

[PR]

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。