リオの熱気

フォローする

競泳・萩野公介の強さの秘密 元コーチ2人に聞く

(2/4ページ)
2016/8/7 10:47
保存
共有
印刷
その他

――キックのどこがすごかったか。

「まず、(当時から)足が大きかったから水をとらえる量が多い。さらには足先だけではなく太ももから脚全体で上手に水をとらえ、空気を蹴ることがなく、無駄がなかった。足首も柔らかく、水の中でも抵抗にならないしなやかなキックが打てていた」

男子400メートル個人メドレー決勝で金メダルを獲得した萩野=写真 柏原敬樹

男子400メートル個人メドレー決勝で金メダルを獲得した萩野=写真 柏原敬樹

「キックを打ち続けるとだんだん疲れてきて、普通は後半になると脚が沈み始める。でも公介のキックはエネルギーの浪費が少ないから、ずっと高い位置でキックを打ち続けられる。脚が沈まないから、抵抗が少ない真っすぐな姿勢を水中でずっと維持できる。強くて速いキックを高い位置でずっと打ち続けられるのが彼の最も優れたところ。(身長177センチと)背丈がなくても海外の選手と同じように速く泳げる理由はキックにある」

――中学2年のとき、ライバルの瀬戸大也(JSS毛呂山)に初めて敗れた。

「夏のジュニアオリンピックだった。大也は高速水着を着て出場した。でも、公介はいつもの短パン。私はレース前に『おまえも着ろ』と言ったが、公介のまたすごいところは『僕はこんな水着に頼らなくてもまだまだ速くなれるから着ない』と言った。やっぱりこの子は意識が違うと思った。それで負けたが、さらに練習に対する意欲が増した。『もっと頑張らないと負けてしまう』と、それから練習への姿勢が余計に強くなった。大幅に記録を伸ばし、中学3年できっちりリベンジした。大也というライバルの登場が公介をさらに飛躍させることになった」

才能ある子が誰よりも努力

――ほかに萩野選手の競技人生で転機となった出来事は?

「2つある。1つは、中学2年の冬に右膝半月板損傷で手術した。以前のように泳げなくなるのではないかと心配したが、結果的にこれも成長の糧になった。それまでは水の中にいる方が好きで、陸上トレーニングは苦手だった。でも、泳げない間は腹筋運動などをするしかなかったので、苦手な陸トレにも前向きに励むことを覚えた。手術後に本格的な水中練習を再開してわずか3~4日でレースに出場させた。50メートル背泳ぎなら泳げるだろうとエントリーしたが、まさかの中学記録を出した。あれで公介は『練習してなくても記録が出たのだから、自分にはまだ伸びしろがたくさんある』と大きな自信をつかんだと思う」

「2つめは、高校2年の2011年世界選手権代表選考会を体調不良で棄権した。以降もそのシーズンは調子が上がらず、大也が記録をどんどん伸ばす状況で、公介はいっこうに自己ベストが出なかった。ロンドン五輪を1年後に控え、本当に苦しかった」

「それが11月のワールドカップ(シンガポール)で突然、高校記録を連発した。聞けば『海外の選手は何が得意か分からないから、競ったときに負けないことだけを考えて泳いだのがよかった』と話していた。相手のことばかり考えて泳いでいたのが不振の理由だったようだ。あれで翌年のロンドン五輪代表選考会に向けて弾みがついた」

――そして、12年ロンドン五輪の出場権を獲得し、本番では400メートル個人メドレーで銅メダルを獲得した。

「公介はずっと順風満帆に来たと思われているが、決してそうではない。技術の高さばかり言ったが、彼は努力の天才。練習中にぶっ倒れてしまうんじゃないかとこちらが心配になるくらい限界まで自分を追い込める。才能のある子が誰よりも努力をしたから、ここまでの選手になったと思う」

  • 前へ
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 次へ
保存
共有
印刷
その他

競泳のコラム

電子版トップスポーツトップ

リオの熱気 一覧

フォローする
車いすラグビーの3位決定戦でカナダ選手と競り合う池崎(右)=寺沢将幸撮影

 南米の地で、車いすラグビー日本代表が新たな歴史をつくった。18日に行われた3位決定戦で、世界ランク3位の日本は同4位のカナダに52―50で勝ち、パラリンピック史上初の銅メダルを獲得した。前日の準決勝 …続き (2016/9/19)

5日間で5種目に出場した木村。「トータルでは悔しい大会」=寺沢将幸撮影

 競泳男子200メートル個人メドレー(視覚障害SM11)で、木村敬一(東京ガス)は2分28秒76で4位に終わった。5日間連続のメダル獲得はならなかったが、自己ベストを更新した。
 5日間で5レースという …続き (2016/9/17)

米国に惜敗、池崎(右)は「もう少し、もう少し(だった)」と悔しそう=寺沢将幸撮影

 車いすラグビーは16日、1次リーグ最終戦が行われ、B組で世界ランク3位の日本は同1位の米国と延長戦の末、56―57で敗れた。2勝1敗で2位通過となり、17日の準決勝はA組1位で世界ランク2位のオース …続き (2016/9/17)

ハイライト・スポーツ

[PR]