/

この記事は会員限定です

FXでもうけた人は3割未満 今年上期、円高が打撃

編集委員 清水功哉

[有料会員限定]

2016年上期(1~6月)に、外国為替証拠金取引(FX)でもうけた人の比率は3割未満にとどまった――。有力FX業者の顧客向け調査でそんな結果が出た。約5割の投資家が利益をあげた前年同期と比べると収益率が大幅に悪化した。急速に進んだ円高がFX投資家(通称ミセス・ワタナベ)にとって強い逆風となった。足元では円安になっている為替相場だが、円が1ドル=107円台に下落した20日の海外市場でミセス・ワタナベ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り924文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン