/

この記事は会員限定です

IoT握る英アーム ソフトバンク、車載など標準狙う

[有料会員限定]

ソフトバンクグループが半導体設計の英アーム・ホールディングスを約240億ポンド(約3兆3000億円)で買収する。アームはスマートフォン(スマホ)の通信用半導体で9割超のシェアを握る半導体産業の「黒子」だ。あらゆるモノがネットにつながる「IoT」時代が間近に迫るなか、ソフトバンクはIT(情報技術)産業の最上流工程を手中に収める。

「10年前から関心を持ち、いつの日かアームを迎え入れたいと考えていた。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1267文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン