/

この記事は会員限定です

億ションしか売れない ひずむ不動産、バブル延命いつまで

[有料会員限定]

300平方メートル超で約10億円。そんな高級マンションが、あっという間に売れた。東京タワーを一望できる39階建ての「クレストプライムタワー芝」(東京・港)だ。2007年に竣工したが、その後不動産市況が冷え込んだために、高額の上層階住戸の販売を凍結してきた。昨年末、ようやく"新築"の販売を再開。「金融危機前よりも高い価格で売れる」と分譲主、ゴールドクレスト(証券コード8871)の安川秀俊社長は話す

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1296文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

日経ヴェリタス

経済・マーケットの今を深く知る。資産運用ビギナーから投資のプロまで、投資にかかわるすべての方に「確かなモノサシ」となる情報を発信します。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません