/

この記事は会員限定です

JR東日本、再開発で目指す新たな成長へのレール

証券部 佐伯真也

[有料会員限定]

東日本旅客鉄道(JR東日本)がJR山手線沿線の再開発を加速している。今年3月の新宿駅の複合ビルの開業に続き、今月5日には東京・竹芝エリアに地上26階建ての複合ビルを建設すると発表した。一大プロジェクトである品川駅周辺の大規模開発も控える。「ドル箱」である新幹線の成長にブレーキがかかる中、新たな成長路線のレールは敷かれていくのか。

「観光やビジネスだけでなく、文化の発信拠点にしていきたい」。5日の定例会見で冨田哲...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1505文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン