「電子ミラー革命」へ コスト5~10倍、実用化の課題

(1/3ページ)
2016/8/26 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

1980年代のフェンダーミラーからドアミラーへの移行をはるかに超える、自動車用ミラーの大変革が近づいている。「電子ミラー」の解禁である。電子ミラーは、(1)車両デザインの自由度向上、(2)死角の低減、(3)夜間や雨天時などの視認性向上、(4)空気抵抗の低減といった4つの利点を持つ。しかし、実用化に向けての課題は数多く残っている。

利点が多い電子ミラーだが、実用化に向けて課題も残る。関係者が口を揃…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]