/

この記事は会員限定です

「AI、日本企業に好機」米TRIプラット氏らがエール

[有料会員限定]

企業は今後、人工知能(AI)をどう活用していけばよいのか。多くの日本企業が具体策を見いだせずにいるなか、13日開催のセミナー「AIはあなたのビジネスをどう変えるか」(ドリームインキュベータ・日本経済新聞 電子版主催)では、3人の米研究者が直言した。米国と比べ日本はAI研究や活用が遅れているといわれているが、米トヨタ・リサーチ・インスティテュート(TRI)最高経営責任者(CEO)のギル・プラット氏は、「トヨタの『カイゼン...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2446文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン