/

この記事は会員限定です

原油安響く欧米メジャー、試される再生エネの本気度

[有料会員限定]

原油安が長引くなか、欧米石油メジャーに再生可能エネルギーを重視する姿勢が目立ち始めた。動きが急な欧州勢では、仏トタルが新興企業を相次ぎ買収し、英蘭ロイヤル・ダッチ・シェルなどは洋上風力発電の投資に動く。一方で慎重姿勢の米国勢に対し、株主から地球温暖化対策が遅れるリスクを指弾する声が出て、米エクソンモービルも方針を修正し始めた。二酸化炭素(CO2)排出の大元として環境派から長く批判されてきた石油メジ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2492文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン