2019年7月19日(金)

参院選2016

フォローする

参院選ビジュアル分析 落選、でも得票数は当選者の16倍

2016/7/11 16:58
保存
共有
印刷
その他

参院選の比例代表で最も少ない得票で当選を果たしたのが公明党の宮崎勝氏だ。同党の7議席目に滑り込み、約1万8000票で当選した。

比例代表では高得票でも落選するときがある。今回の参院選でいえば、新党改革の山田太郎氏だ。約28万8000票を集めたにもかかわらず、新党改革の獲得議席がゼロ。落選の憂き目にあった。

落選した山田氏の得票数は、当選した宮崎氏の16倍だった。

参院選2016をMyニュースでまとめ読み
フォローする

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ

電子版トップ特集トップ


日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。