2019年7月16日(火)

増える期日前投票、足りぬ人手 選挙支える自動化技術

2016/7/9 11:48
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

今回の参院選から学校や商業施設などに期日前投票所を増設する地方自治体が相次いだ。様々な地域から有権者が訪れる期日前投票所の運営には二重投票の防止策などが欠かせない。それを陰で支えているのが日本のモノづくり技術だ。

東京都中央区にある「ムサシ」のショールーム。投票箱や投票用紙に書き込むのに使う「投票記載台」などが並ぶなかで、特に目を引くのが投票用紙の交付や仕分け、集計を自動化する機器たちだ。

■手作

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。