/

この記事は会員限定です

姿変える「爆買い」、主戦場は中国へ

大連支局 原島大介

[有料会員限定]

2015年の新語・流行語大賞にも輝いた中国人の「爆買い」。今年に入り、中国経済の減速や為替の変動でブームに一服感が出ているという。小売りなど関連する企業経営者の声を聞くと、あたかも日本の商品そのものへの需要がなくなったように映る。だが果たして、本当にそうなのだろうか。

「コストが下がるので、価格を下げられる。もう日本へ旅行し、重い荷物を抱えて帰る必要はなくなりますよ」。中国で日本の食品や雑貨などを...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2287文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン