2019年7月18日(木)

ボール任せ 風任せ

フォローする

全米オープン、D・ジョンソンへの1罰打の意味
ゴルフジャーナリスト 地平達郎

(1/2ページ)
2016/7/7 6:30
保存
共有
印刷
その他

6月の全米オープン最終日、優勝したダスティン・ジョンソン(米国)がホールアウト後に1罰打を科された一件が尾を引いている。

朝のテレビ中継でご覧になった方も多いと思うが、事のあらましは以下の通り。

5番ホールのグリーン上で、パットの構えに入ろうとパターをグリーン面に置いた直後に、ボールがかすかに動いた。その場で競技委員を呼んで裁定をあおいだところ「無罰」。ところが、12番ホールをプレー中に別の競技委員から「ホールアウト後に判断する」と言われ、結局、ビデオなどで確認した結果として、「1罰打」が科された。

「無罰」の後に「1罰打」の不可解

最終ホールでみごとなバーディーを奪い、その時点で2位に4打差をつけての楽勝となり、1罰打は影響なかったが、5番や12番の時点では大混戦だっただけに、心中穏やかではなかったろう。

この裁定に、ツアープロ仲間から非難の声が相次いだ。ひとつは、本来なら問題が起こった時点で判断すべきものなのに、対処をいたずらに遅らせてしまった。もうひとつは、1罰打そのものが間違い。

これに対して、主催の米国ゴルフ協会(USGA)も「不確実な状態のままゲームが続行されるべきではなかった」「最終判断を好ましくないと思う人がいることも承知している」と、不手際を認めた。

実は今年から、今回のような問題が発生した場合に関わる規則が改正されている。昨年までは、どんな理由であれ、アドレス後にボールが動いた場合は1罰打が科されていたが、今年からは「その原因が明らかにプレーヤーにある場合」を除いて、無罰となった。ルールの総本山であるUSGAがこれを知らないことはあり得ないので、不可解な裁定になってしまった。

手元に、日本ゴルフ協会(JGA)が発行する2016年版「ゴルフ規則」がある。目次・索引を含めて275ページ。実に34規則(34条)にものぼる。ゴルファーたるもの、周知しておかなくてはいけないが、「ルールの神様」といわれる人でない限り不可能だ。

  • 1
  • 2
  • 次へ
保存
共有
印刷
その他

ゴルフコラム

スコアアップヘ

電子版トップスポーツトップ

ボール任せ 風任せ 一覧

フォローする
ペブルビーチ・リンクスを舞台にした1972年の全米オープンで優勝を決め、トレビノ(右)と共に18番グリーンを後にする二クラウス=APAP

 ゲーリー・ウッドランド(35、米国)のメジャー初優勝で幕を閉じた男子ゴルフの第119回全米オープン。舞台となったペブルビーチ・リンクスは、パブリックながら全米オープン開催は今回が6回目という、世界で …続き (6/20)

5本ならバッグもすっきり

 ハーフセットのクラブでゴルフを始められた人が多いのではないだろうか。
 ゴルフ規則で使えるクラブは14本までとされており、初心者はその半分の7本で十分――ということなのだろう。
 40年ほど前、ウッドは …続き (5/9)

マスターズ・トーナメントの初日、名誉スターターを務めるジャック・ニクラウス=APAP

 タイガー・ウッズの、奇跡ともいえる復活優勝で沸き返った2019年のマスターズ・トーナメント。その話題にかき消されたが、4人が出場した日本勢は、3人が決勝ラウンドに残ったものの、松山英樹の32位が最高 …続き (4/24)

ハイライト・スポーツ

会員権相場情報

[PR]

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。