2018年2月23日(金)

ボール任せ 風任せ

フォローする

全米オープン、D・ジョンソンへの1罰打の意味
ゴルフジャーナリスト 地平達郎

(1/2ページ)
2016/7/7 6:30
保存
共有
印刷
その他

 6月の全米オープン最終日、優勝したダスティン・ジョンソン(米国)がホールアウト後に1罰打を科された一件が尾を引いている。

 朝のテレビ中継でご覧になった方も多いと思うが、事のあらましは以下の通り。

 5番ホールのグリーン上で、パットの構えに入ろうとパターをグリーン面に置いた直後に、ボールがかすかに動いた。その場で競技委員を呼んで裁定をあおいだところ「無罰」。ところが、12番ホールをプレー中に別の競技委員から「ホールアウト後に判断する」と言われ、結局、ビデオなどで確認した結果として、「1罰打」が科された。

「無罰」の後に「1罰打」の不可解

 最終ホールでみごとなバーディーを奪い、その時点で2位に4打差をつけての楽勝となり、1罰打は影響なかったが、5番や12番の時点では大混戦だっただけに、心中穏やかではなかったろう。

 この裁定に、ツアープロ仲間から非難の声が相次いだ。ひとつは、本来なら問題が起こった時点で判断すべきものなのに、対処をいたずらに遅らせてしまった。もうひとつは、1罰打そのものが間違い。

 これに対して、主催の米国ゴルフ協会(USGA)も「不確実な状態のままゲームが続行されるべきではなかった」「最終判断を好ましくないと思う人がいることも承知している」と、不手際を認めた。

 実は今年から、今回のような問題が発生した場合に関わる規則が改正されている。昨年までは、どんな理由であれ、アドレス後にボールが動いた場合は1罰打が科されていたが、今年からは「その原因が明らかにプレーヤーにある場合」を除いて、無罰となった。ルールの総本山であるUSGAがこれを知らないことはあり得ないので、不可解な裁定になってしまった。

 手元に、日本ゴルフ協会(JGA)が発行する2016年版「ゴルフ規則」がある。目次・索引を含めて275ページ。実に34規則(34条)にものぼる。ゴルファーたるもの、周知しておかなくてはいけないが、「ルールの神様」といわれる人でない限り不可能だ。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

ゴルフコラム

スコアアップヘ

ボール任せ 風任せ 一覧

フォローする
26歳での選手会長就任は最年少だ(左から2人目が石川遼)=共同共同

 年明け早々、日本の男子ゴルフツアーがスタートした。といっても、寒波に襲われた日本でではなく、1月18日からのSMBCシンガポールオープンと、翌週のレオパレス21ミャンマーオープンである。かつてのアジ …続き (2/1)

第一線から退いた後も、スイングの基本は変わらなかった=中部克子夫人提供

 1月20日は大寒。一年中で最も寒い時期とされる。今年は特に厳しいようで、ゴルフコースに出かけるのはもちろんのこと、練習場にいくのさえ一大決心が必要だ。
 そんなとき、生前の中部銀次郎さんがことあるごと …続き (1/11)

ゴルフもプロのすごいプレーを「見て楽しむだけで十分」なスポーツになってしまう危険性がある

 ゴルフの2017年国内男子、女子ツアーの全日程が終了した。獲得賞金で男子が宮里優作、女子は鈴木愛とそろって日本人選手がトップの座に着き、まずはひと安心。とはいえ、ファンの関心は米ツアーの松山英樹に集 …続き (2017/12/7)

ハイライト・スポーツ

平昌五輪特設ページ

会員権相場情報

[PR]