/

この記事は会員限定です

トヨタや日産が英国民投票で見た現実

編集委員 中山淳史

[有料会員限定]

1、サンダーランド 38.7% 2、ダービー 42.8% 3、フリントシャー 43.6% 4、スウィンドン 45.3%――。1は日産自動車、2と3はトヨタ自動車、4はホンダの自動車工場がある英国の都市の名前だ。数字は欧州連合(EU)からの離脱か残留かを問う6月23日の英国民投票における「残留」支持率である。

驚くのは、日本車大手の工場がある都市がみな、EUへの残留に「NO」を突きつけたことだ。

離脱したら、ドーバー海峡を越え...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1739文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン