2018年11月22日(木)

炭素繊維、ゆくゆくは半値に 生産コスト減へ技術革新

(1/2ページ)
2016/7/7 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

鉄の10倍の強度がありながら重さは4分の1と軽いのが炭素繊維だ。航空機の機体などに採用されているが、実は日本のメーカー3社で世界市場シェアの7割を占める。生産コストの高さが普及の壁だったが、今年に入り生産コストの大幅低減に道を開く研究成果が出てきた。2020年前後には自動車向けに本格採用が進みそうで、炭素繊維が身近な素材となるのもそう遠くない未来となりそうだ。

■新製法では生産性が10倍に向上

「…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報