甲子信組が自主解散、超低金利時代に後れ存在意義失う

2016/6/30 14:37
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

90年を超える歴史を持つ農林中央金庫系の職域信用組合、甲子信用組合(東京・千代田)が自主解散を決めた。農中職員向けに住宅ローンを出す福利厚生機関だったが、低金利競争についていけなかった。マイナス金利で傷口が深くなる前に、静かに退場する。

28日昼、1枚のファクスが送られてきた。「当組合の解散方針決定について」。27日の総代会で、解散を正式決定したことを知らせる内容だった。

甲子信用組合の前身とな…

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]