/

スーパーボウルで実証、世界最強「ITスタジアム」

渡辺史敏 ジャーナリスト

日経テクノロジーオンライン

米国シリコンバレーに、世界最高の「ファン体験」を生み出すために、高度にIT(情報技術)武装されたスタジアムがある。2016年2月に開催された、プロアメリカンフットボールNFL(National Football League)の優勝決定戦「第50回スーパーボウル」の舞台となった、「Levi's Stadium(リーバイス・スタジアム)」である。スーパーボウルを取材したジャーナリストの渡辺史敏氏に、リーバイス・スタジアムに実装されたITの全貌を報告してもらう。

リーバイス・スタジアムは2014年にオープンしたばかりの最新スタジアムだ。米インテルや米エヌビディアなどが本社を構える、カリフォルニア州サンタクララというシリコンバレーのど真ん中に立地している。

そのため米ヤフーやドイツSAPといったIT企業が公式スポンサー契約を結んでおり、最新のIT技術が導入されている。「スマートスタジアム」というニックネームを持ち、世界から注目されている。

リーバイス・スタジアムで開催された、2015年シーズンの優勝決定戦「第50回スーパーボウル」の試合の様子((C)NFL JAPAN. All Rights Reserved.PHOTO BY AP Image)

スポーツのスタジアム、アリーナにおけるIT設備の強化は、近年トレンドになりつつある。スタジアムを訪れる観客の体験(エクスペリエンス)を充実させることで、生観戦の魅力を引き上げて「ファンエンゲージメント(愛着心、思い入れ)」を高めるのに不可欠、と考えられるようになっているからだ。

一方、スタジアム運営者やIT企業にとっては、数万人が同時にデータを通信するスタジアムは格好の"実験場"になる。通信に対する最大限の負荷テストをクリアすれば、その技術蓄積を他へ転用できる可能性がある。

そのため米国ではここ5年ほど、スタジアムが新設されるとどのようなITを実装しているかを広報するのは、NFLのみならず他のスポーツでも当然になっている。ただ、リーバイス・スタジアムはその中でも間違いなく突出した存在である。

試合のリプレーをスマホで視聴

リーバイス・スタジアムに設置されたWi-Fiのアクセスポイント((C)森岡浩志、2015年12月撮影)

その設備の一端を紹介しよう。リーバイス・スタジアムで、スタンドやコンコース(通路を兼ねた広い場所)、バックオフィスなどに張り巡らされたデータケーブルの総延長は400マイル(約644km)に達する。

さらにネットワークポートは1万2000口、スタンドの天井や座席の下などに設置されたWi-Fiのアクセスポイントは1200基、Bluetoothを使ったビーコンも1200基設置されている。

ネットワーク全体の伝送速度は40Gビット/秒(bps)。そのうち、観客向けのWi-Fiサービスには上りと下りのそれぞれで10Gbpsずつが確保されている。このWi-Fiサービスは、公式スポンサーであるケーブルテレビ事業者の米コムキャストが提供し、ワイヤレスLANソリューション企業のアルバネットワークスが運営している。

観客席の上に設置されたWi-Fiのアクセスポイント((C)森岡浩志、2015年12月撮影)

このように充実した通信ネットワークを使って、スーパーボウルではどのようなサービスが展開されたのだろうか。観戦に訪れた一般のファンに提供されたのが「SB50FREE」という無料Wi-Fiとスタジアム専用のスマートフォン(スマホ)アプリ「Super Bowl Stadium App」だ。

このアプリでは、目の前で進行中の試合のデータがリアルタイムに配信されたり、リプレーのビデオ、スーパーボウル中継内で放送されるCM、通称「スーパーボウルCM」が視聴できたりした。さらに、スタジアム内の地図などを表示できたほか、座席に居ながら飲料をオーダーし、売店で優先的に受け取ったり、座席まで配達してもらったりすることまで可能だった。

「Super Bowl Stadium App」の「GAME CENTER」の画面。ゲームのデータ(スタッツ)や先発選手などの情報が見られる
「Super Bowl Stadium App」のドリンクの注文画面。座席で注文すると売店で優先的に受け取れたり、座席まで持ってきてくれたりする

これまでスタジアムでのゲーム観戦では、現場で得点シーンなどが大型スクリーンで見られても、自分が好きなときにその場で確認できなかった。こうしたアプリを活用すれば、もう一度見たいシーンなどをスマホでゲーム中に楽しめ、さらにはトイレなどに行きたくなって席を外しても重要なシーンを見逃すことがなくなるのである。

ただ、当日は一部混乱もあったようだ。オーダーサービスは当初ハンバーガーなどの食べ物や物販などにも対応すると発表されていたが、開催数日前になって急きょ、飲料のみに変更された。

ゲーム楽しめるデジタルサイネージ

リーバイス・スタジアムは、NFLの「サンフランシスコ49ers」の本拠地である。そのホームゲームなどでは、無料Wi-Fiサービスはコムキャストのネットサービスである「Xfinity」という名称を、アプリも「Levi's Stadium App」という名称を使っている。

つまり、普段はスポンサーを、今回はスーパーボウルを広報する施策がネットワークサービスでも取られていた。

一般の観客席よりも豪華なスイートボックスなどには、テレビ中継やスタジアム独自の画像が見られるビデオネットワークや、チーム職員などに向けたクラウドを使った音声サービスも導入されている。コンコースにはネット接続されたタッチパネル式のデジタルサイネージが設置され、それを運用しているSAPがアンケートを兼ねたゲームを実施したりしていた。

SAPがスタジアムのコンコースに設置した、ネット接続されたデジタルサイネージ

観客の38%がWi-Fi利用

「Super Bowl Stadium App」のスタジアム地図の画面。行列ができやすい女子トイレの場所が表示されている

では、第50回スーパーボウルにおけるITの利用実績はどうだったか。スタジアムとコムキャストの発表によれば、無料Wi-Fiを利用したデータ転送量は、この1日で実に10.1T(テラ)バイトに達したという。

前年の第49回はアリゾナ州の「ユニバーシティ・オブ・フェニックス・スタジアム」で開催されたが、その際のデータ転送量は6.2Tバイトであり、63%も増加した。さらに、当日6時から23時までのファンによるデータ転送量は9.3Tバイト、報道陣による転送量は453Gバイトだった。

無料Wi-Fiのユニークユーザー数は2万7316人、最多同時利用ユーザー数はゲーム後半の17時55分に2万300人を記録した。このゲームの観客数は7万1088人だったため、観客の38%がWi-Fiを利用し、29%が同時利用した計算になる。同スタジアムでのそれまでの最多利用記録は1万8901人で、スタジアムとしても最高記録を更新した。

一方、実効接続速度だが、4時間に渡って3.0Gビット/秒という高速をキープし続け、ピーク速度はゲーム開始直前の15時25分に3.67Gビット/秒を記録した。

前回までのスーパーボウルではWi-Fiサービスが提供されていても、利用者が殺到してSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)にうまく接続できなかったり、ビデオがまともに再生されなかったりというトラブルが続発した。しかし今回はビデオの視聴も快適に行うことができ、筆者のみならず多くの記者が驚きの声を上げていた。

スーパーボウル開催時のWi-Fi使用状況のグラフ。ゲーム内容などと関連づけて説明している。縦軸はデータ通信量(出典:Levi's Stadium, Comcast Business)

ビデオ、Web、SNSをまんべんなく利用

Wi-Fiとともに注目されたのが、携帯電話網を使ったデータ通信の利用だ。スタジアムには快適な携帯電話利用環境の実現を目指して、DAS (Distributed Antenna Systems) と呼ばれる分散アンテナシステムが導入されている。このDASを利用したすべての携帯電話事業者による1日のデータ転送量は、Wi-Fiを上回る15.9Tバイトを記録した。

これは前回の2.5倍のデータ量に相当する。事業者別ではNFLと49ersの公式スポンサーである米ベライゾン・コミュニケーションズが7Tバイト、米AT&Tが5.2Tバイト、ドイツテレコムの子会社であるドイツのT-モバイルが2.1Tバイト、ソフトバンク傘下の米スプリントが1.6Tバイトという内訳だった。

ベライゾンはスタジアム内で通信状況をモニタリングし、ネットワークを調整する「コマンドセンター」も設置。独自の利用データも発表している。

それによれば、利用端末は3万5000台以上。利用内容で最も多かったのがビデオ視聴で19.82%、次がWebブラウジングで19.62%、3位がソーシャルシェアリングの17.67%、4位がクラウドで15.96%だったという。ビデオ、Web、SNSがまんべんなく利用された印象だ。

この結果に対し、NFLのマイケル・マッケナドイル最高情報責任者(CIO)は「リーバイス・スタジアムの接続パフォーマンスは驚くべきものに他ならない。我々の以前の記録をすべて吹き飛ばし、ファンが彼らの記憶をシェアするための、強く一貫した接続性を提供してくれた」と賞賛している。

第50回スーパーボウルは、まさにネット利用において現時点で最高のゲームとなり、同時に"最強スタジアム"であることを示したと言えるだろう。

[スポーツイノベイターズOnline 2016年6月20日付の記事を再構成]

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン