インドネシア利下げ 「4度目の正直」となるか

2016/7/2 5:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

インドネシア中央銀行が6月16日、今年4回目となる利下げを行った。政策金利(BIレート)を0.25ポイント下げて6.5%とした。原油安の恩恵を受けて物価が安定するなか、銀行の貸し出しを伸ばして景気を刺激するのが目的だ。もっとも、1~3月に行った過去3回の利下げでは、銀行の貸出金利がほとんど下がらず、その効果は限定的だった。今回の中銀の決定は「4度目の正直」となるか――。市場が注目している。

イン…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]