/

[FT]英EU離脱 世界一複雑な離婚協議が始まる

Financial Times

英国が国民投票で欧州連合(EU)離脱(ブレグジット)を決めた。世界で最も複雑な「離婚」協議が始まる。

手続きを進める方法については大ざっぱな指針があるが、交渉はおおむね場当たり的に行われる。手続きにかかる時間は、2年から10年以上までと幅広く予測されている。当局者にとっては、法的にも政治的にも、無法地帯となる。あるEU高官は「我々は考えられないほど多くのむちゃくちゃな問題に直面しており、すぐには答えが出ない」と言う。

目標は、43年に及ぶ英国のEU加盟を解消し、脈々と受け継がれてきた主権の共有を解きほどき、断ち切ったうえで、世界最大の単一市場をつくり変えることだ。

根本的な問題が、3つ顕在化する。

ブレグジットを決めた英国は、政治と商業面でどのような取り決めを要求するのか。そしてEUは要求を受け入れるのか。

執行面では、離脱の取り決め――離婚と長く履行されてきた義務の破棄――はブレグジット後の貿易を網羅する貿易協定と同時に合意されるのか。もしそうでなければ、ソフトランディングを確実にする移行は可能なのか。

欧州大陸の市場、政府関係者、大統領、首相は、英国と元パートナーであるEU諸国が危険を伴うであろう政治的旅路に乗り出し、暗闇でかじを取ることになると理解している。

ジョン・ブルートン元アイルランド首相は「この決断は欧州全土で感情的なジェットコースターの引き金を引く恐れがあり、最終的な影響は予想不可能だ」と語った。

プロセス:選択肢はあるが、針路はない

EU首脳は投票直後に人々を落ち着かせるために、タイムリーで秩序だった別離の手段があると示すかまえだ。フランスのエマニュエル・マクロン経財相は、離脱なら、EU首脳は速やかにブレグジットについて「確固たるメッセージとスケジュール」を出すと述べており、ルモンド紙に対し「EUの利益のために、曖昧さの余地は一切残せないし、時間をかけすぎるわけにもいかない」と語っている。

英政府とブリュッセル(EU本部)の法律家は、2つの明確な道筋があるとみている。

1つ目は、加盟国の離脱に2年間の更新可能な期限を設けたEU条約50条――「エグジット(出口)条項」と呼ばれる――の下での離婚だ。

2つ目の道筋は、貿易から安全保障、法の執行に関する協力体制まで、将来の関係についてそれぞれ取り決めを結ぶもの。この方が複雑な交渉で、合意された後に批准するのが難しい。これには全会一致の合意と、30以上にのぼる欧州、国、地方議会の承認が必要になる。その前に各国で国民投票が行われる可能性もある。

代替策はほかにもある。英国の条件に基づく離婚を試みることだ。離脱派がキャンペーンで打ち出した計画の概要はこうだ。英議会下院でEUの一部の義務を即座に無効にする法律を制定する。その一方、時期などのタイミングに関するEUの影響力をなくすためにEU条約50条の離婚条項の発動を遅らせる。

どんな一方的な措置もEUとの緊張を著しく高めることになるだろう。ブリュッセルは、英国企業が単一市場の枠組みの下で享受している特権を一時停止することを含め、報復的な措置の選択肢を検討している。英国の貿易振興機関、英国貿易投資総省(UKIT)元代表のアンドリュー・カーン氏は「一方的な行動は国法を不確実性の中に投げ込むことになり、他国からの報復的な対応を招く恐れがある。下手をすると本当のカオスに陥る危険な道のりだ」と言う。

政治的な選択肢:様子見

法の定めにより、英国企業にとって、今後数週間、数カ月、ことによれば数年、根本的なことは何も変わらない。EUとの正式な決別はしばらく先のことだ。

だが、デービッド・キャメロン首相(注:投票の結果を受け、辞意を表明した)とその政権の運命が確定するまで、英国は政治的な混乱に陥る。保守党の党首選挙は、新たな首相を指名するのに数カ月かかるかもしれない。早期の解散総選挙の可能性も排除できない。

そうなると大幅な遅れが生じる可能性が高い。形式的な作業は23日に政府関係者、官僚レベルで始まる。だが、離婚手続きをどう進めたいのか、EU離脱後にどんな取り決めを要請するのかを英国が決めるまで、本格的な交渉は始まらない。ブレグジットを交渉する負託については下院も発言権を持つ。

マイケル・ゴーブ司法相やボリス・ジョンソン前ロンドン市長のような離脱派は、単一市場から完全に離脱し、英国のための特別な貿易協定をEUと交渉すると提唱してきた。一部の労働党議員は、たとえ移動の自由の義務とEU予算への資金拠出を受け入れることになっても、EU非加盟国として単一市場にとどまるために戦うと話している。大半の下院議員は国民投票でEU残留を支持した。今年いっぱい、場合によってはその先までこの議論が行われる間、欧州は静観することになるだろう。

「ロマンチックなビジョンを描く時間はない。離脱陣営はかなり速やかに現実と向き合わなければならないだろう」。ウェストミンスター大学のアダム・ラゾウスキ教授(法学)はこう書いた。「どちらの側も失うものは大きいが、1対27という構図になる。EUが英国から去るのではなく、その反対だ」

交渉成立、移行、ハードランディングのリスク

最大の経済的リスクの一つは、英国のEU離脱と新たな貿易協定の間に長い待ち時間が生じることだ。ドナルド・トゥスクEU大統領は、条約に伴う義務の解消は「比較的容易」で、2年ほどかかると話している。これは予算と支出を伴うプロジェクトの残った貸し借りを清算し、EU域内や英国にいる国外居住者がもともと持っている権利の問題を片付け、EU機関から英国籍のスタッフを撤収することを意味する。

だが、トゥスク氏はさらに、新しい関係の交渉は「ずっと難しいだろう」と付け加えた。交渉には少なくともさらに5年かかり、「成功の保証は一切ない」と言う。フランスとドイツは離婚協議と並行し、新しい貿易交渉を始めることはいとわないが、両方を速やかに同時にまとめること――英国にとって理想的なシナリオ――を保証することに消極的だ。

計画立案に密接に関与している外交官は言う。「時間の隔たりがあるだろう。2年たった後に貿易協定が発効しているとは考えられない」

ハードランディングになれば、英国は世界貿易機関(WTO)の基本的な貿易条件に依拠することになり、英国企業は欧州市場への特権的アクセスを失う。より穏便な移行措置が用意される可能性はあるが、それには28カ国の全加盟国の合意が必要になる。

例えばEU加盟国が速やかに貿易協定について合意したら、長く、予測不能な国レベルの批准プロセスが始まる間、合意内容を暫定的に適用できるだろう。

もう一つの選択肢は、新たな貿易協定が各議会を通過する間、確立されたモデル――ノルウェーとの協定など――に一時的に立ち返り、単一市場への完全なアクセスを英国に与えることだ(注:欧州経済領域=EEA=に加盟することを指す。単一市場にアクセスできるが、EU規制を受け入れる必要がある)。

ただブレグジット派(になる)英政府にとってはこの選択は不可能かもしれない。なぜなら、英国は数年にわたり、意見できないEUの規則に従って行動し、EU予算への拠出金を払い、労働者の移動の自由を受け入れなければならないが、それはまさに多くの有権者が国民投票で拒絶したことそのものだからだ。

勝利を収めた離脱支持者たちは、良識が最後に勝つことを楽観している。ブレグジット陣営で最も影響力のある思想家に数えられるダニエル・ハナン氏はユーロマネー誌のインタビューで、アイルランドの分離と血みどろの同国国家誕生、その余波を例に挙げた。

「それにもかかわらず、100年近くたった今、我々はまだ、移動が自由な共通地域を持ち、共通の社会保障の権利、共通の投票権を持っている。あの取り決めを断つことが双方にとって都合が悪かったからだ」

懐疑的な向きは、政治的な前兆はそれほど幸先の良いものではないと考えている。ハンガリーのゴルドン・バイナイ元首相は言う。「筋道の立った推測をするには変化する要素が多すぎる。だが、政治のロジックは厳しく厄介で、実務的に最適ではない解決策になるだろう」

By Alex Barker in Brussels

(2016年6月24日付 英フィナンシャル・タイムズ電子版)

(c) The Financial Times Limited 2016. All Rights Reserved. The Nikkei Inc. is solely responsible for providing this translated content and The Financial Times Limited does not accept any liability for the accuracy or quality of the translation.

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン