2019年2月17日(日)

一枚上手の相撲論(浅香山博之)

フォローする

通算1000勝目前の白鵬 よき記憶に残る力士も目指せ

(3/3ページ)
2016/7/8 6:30
保存
共有
印刷
その他

いろいろな人の助言に真摯に耳を傾け、研さんを積んでほしい=共同

いろいろな人の助言に真摯に耳を傾け、研さんを積んでほしい=共同

親方になるための国籍の問題がクリアされてはいないものの、白鵬は将来、指導者になりたいという夢があると聞く。人を指導する立場になると、これまでに何を経験してきたかが問われる。現役時代に残した結果や数字だけで人は育てられない。親方としての器の大きさを身につけるには、これからどういう人生を送っていくかが大切になる。

言動すべて、将来の自分にはね返る

私も30歳を過ぎたころから、自分の言動すべてが良くも悪くも将来の自分にはね返ってくることを意識し始めた。現役のときに不誠実に過ごした者が親方になっても、誰もついてくるはずがないと思ったからだ。白鵬も30代。そろそろ、そういうことを考えるべき年齢だと思う。

よき親方になるためには、いろいろな人の助言に真摯に耳を傾け、研さんを積んでいくしかない。そうやって人としても一段と成長していけば、結果的に数々の記録コレクションの値打ちもさらに高まるはず。これからの土俵人生では相撲史に残る記録をさらに打ち立てていくとともに、好角家の心によき記憶として残る力士を目指してほしい。

(元大関魁皇)

一枚上手の相撲論(浅香山博之)をMyニュースでまとめ読み
フォローする

  • 前へ
  • 1
  • 2
  • 3
保存
共有
印刷
その他

コラム「一枚上手の相撲論」

電子版トップスポーツトップ

一枚上手の相撲論(浅香山博之) 一覧

フォローする
九州場所初日、稀勢の里(左)を攻める貴景勝。優勝は自信になったはずだ=共同共同

 大相撲初場所が13日、両国国技館で初日を迎える。2018年の土俵は30代の3横綱の休場が相次ぎ、初優勝を果たした力士が3人に上った。「世代交代」の声も出ているようだが、19年期待の若手について語りた …続き (1/11)

立ち合いが2度不成立となり、3度目は高安(手前)が一方的に白鵬に押し倒された=共同共同

 大相撲九州場所は11日、福岡国際センターで初日を迎える。9月の秋場所は史上初の幕内1000勝と14度目の全勝優勝を飾った横綱白鵬が復活を印象づけたが、気になったのは終盤戦の立ち合いの乱れ。「駆け引き …続き (2018/11/9)

8月31日の稽古総見で汗を流す御嶽海(右)と鶴竜=共同共同

 大相撲秋場所は9日、東京・両国国技館で初日を迎える。注目の一人は先場所初優勝して大関とりに挑む関脇御嶽海だろう。大関を狙える実力は十分あるが、看板力士を目指すにあたって注文もつけておきたい。
 先場所 …続き (2018/9/7)

ハイライト・スポーツ

[PR]