2018年11月19日(月)

11/19 8:00更新 マーケット 記事ランキング

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 21,680.34 -123.28
日経平均先物(円)
大取,18/12月 ※
21,650 -170

[PR]

豊島逸夫の金のつぶやき

フォローする

Brexitショック、現実に

2016/6/24 13:18 (2016/6/24 15:04更新)
保存
共有
印刷
その他

まさか。世界のマーケットが激しく揺れている。米国からはトランプ氏の高笑いが聞こえてくるようだ。

円高も新たなステージに突入した。安全通貨としての円にヘッジファンドのマネーが激しく流入している。しかも、当面、米利上げは考えられない状況。ドルは売られやすい市場環境だ。100円を割り込んでも、円買いのモメンタムが加速しそうだ。

介入でどこまで、ヘッジファンドの勢いを止められるか。人工知能(AI)を駆使する高速度取引と当局のせめぎ合いとなろう。

株式市場は、世界同時株安の様相。ヘッジファンドも日経平均1万4000円台でさらなる売りを視野に動く兆しがちらつく。

歴史的な日といっても過言ではあるまい。

マーケットで上がっているのは金。

1トロイオンス=1260ドル台から1330ドル台へ急騰している。まさに「経済有事」を象徴するような値動きだ。

マクロ経済的には、欧州連合(EU)分裂危機に切迫感が増してきた。欧州主要国内の排他的な独立派も勢いを得よう。主要国の内向き、引きこもり現象もさらに進行しそうだ。

マーケットも長期経済停滞に備える動きを模索することになりそうだ。欧州と経済関係が深い中国とロシアも、EU分裂までは望まない。

「適度のEU不安」が両国の存在感を高める意味では、ベストのシナリオであろう。それゆえ、習主席もプーチン大統領も複雑な心境と思われる。

この点については、22日付本欄「英国民投票日、中ロ首脳は同席で高みの見物」を参照されたい。

今後のマーケットに、障害物競走のごとく、雇用統計、米連邦公開市場委員会(FOMC)、米大統領選挙、中国経済不安などのリスクが立ちはだかる。リスクを回避すること自体が難しくなった。

豊島逸夫(としま・いつお)
 豊島&アソシエイツ代表。一橋大学経済学部卒(国際経済専攻)。三菱銀行(現・三菱東京UFJ銀行)入行後、スイス銀行にて国際金融業務に配属され外国為替貴金属ディーラー。チューリヒ、NYでの豊富な相場体験とヘッジファンド・欧米年金などの幅広いネットワークをもとに、独立系の立場から自由に分かりやすく経済市場動向を説く。株式・債券・外為・商品を総合的にカバー。日経ヴェリタス「逸's OK!」と日経マネー「豊島逸夫の世界経済の深層心理」を連載。
・公式サイト(www.toshimajibu.org)
・ブルームバーグ情報提供社コードGLD(Toshima&Associates)
・ツイッター@jefftoshima
・業務窓口はitsuo.toshima@toshimajibu.org

豊島逸夫が語り尽くす 金 為替 世界経済

出版 : 日経BP社
価格 :1026円(税込み)

日経電子版マネー「豊島逸夫の金のつぶやき」でおなじみの筆者による日経マネームック最新刊です。

豊島逸夫の金のつぶやきをMyニュースでまとめ読み
フォローする

今なら有料会員限定記事もすべて無料で読み放題

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップマーケットトップ